新着Pick
265Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
心あたたまる記事です。

マスクやガウンのみならず、フェイスシールドも休む場所も不足する中、このような防護具を地域で確保する取り組みが生じたり、家族への感染拡大を不安視する医療者に宿泊場所を提供するホテルが登場するなど、地域ごとに連帯が起こり始めています。

また、医療機関へのランチのデリバリーをしてくださる休業中のレストランなどもあり、あらためてコミュニティのつながりの強さ、大切さを感じ、一医療者として感謝の思いを強めています。

物理的な分断が起こりながらも、途絶えないこの繋がりこそが難局を乗り越える鍵の一つと思います。
『無いものは作る』すごくステキな発想。
こういう事態の時だけでなく、常に心がけておきたいことでも。

とりわけ今の状況下においては、もちろん医療や介護の現場への社会貢献にもなりますし、
通常の営業が制限されている企業にとっても、生き残っていく手段となり、
win-winですよね。
今、大変な企業はたくさんありますが、なにかしら、今必要とされていることに一時的にシフトすることで助かる企業が増えますように。
現場の工夫を伝える市川衛さんの記事ですね。こうした創意工夫は日本の現場の誇らしい特性だと思います。中小企業の小回りのよさも奏功していますね。応援しています。

ただ、これを「美談」というだけにとらえてはいけないと思います。マスクやガウンが不足していることは事実です。これまでの備蓄は不十分でした。不足が慢性化すれば、医療従事者に感染が広がります。絶対に避けなくてはいけません。危うい状況は続いています。

また、こうした資材は、細々と調達するととても非効率です。本来であれば、製造ラインをつくり、集中生産する必要があります。生産物も規格が統一されていないと、使う現場が混乱します。

大阪市で「雨がっぱ」の寄付を募り、3日でそれを打ち切るという騒動がありました。個人から集めると、規格がバラバラなので、それを整理するのに余計な負荷がかかります。モノが集まっても、結局使えないのです。震災時に中古衣類の寄付が問題になりましたが、それと同じです。

現場の負担が最小限で済むように、まとめて調達できるような態勢が、一日も早く整うことを願っています。
モノを通じてその気持ちに元気もらえる記事ですね。
先月まで在籍していた英国の美大では3Dやレーザーカッターも勉強でき、いろいろつくれました。数週間前、先生や仲間が声をかけて3DでシールドマスクをNHS のために作ろうと呼びかけていて、素人ながらかなりの数作って毎日届けていると聞きました。未だ連日死者が500人を超え、ロックダウンも長引いている中、参加する側のモチベーションも上がってました。
身近なことで何ができるか、つながれない環境だからこそ、世界中でコミュニティの動きがさかんになっているようにも思います。
この記事読んで日本頑張れると感じます!
大変羨ましく記事を拝読いたしました。
自身が所属する病院同様、日本の多くの地域の中核病院で物資の枯渇が叫ばれています。中小企業、一般の方から私にも支援の申し出をいただけることはあります。しかし、記事にある大田記念病院の様に地元の青年会議所との有機的な連携が起こすまでには至りません。
つまり、この支援を最大限有効利用できる素地としては、今まで個々の病院が医療、非医療問わず地域連携できていたかの指標になるのではないかと感じました。
病院は単独には存在できず、多くに非医療者に支えられていることを感じる日々です。支援の申し出も効率よく行動に移せるためのIT技術、何が不足しているかがわかる”見える化の技術”をFULLに導入していかなければと感じています。
フェイスシールドも不足しているので、友人の歯科医は100円ショップでカードケースとスポンジ、ゴムを買って手作りしていました。

マスクを手作りしている人も耳に掛けるゴムが不足しているので、ストッキングを切って使っているとか。

発想力の豊かさに生きる力を感じます!
日本のものづくりの底力… 人々の温かい心に感謝。 この記事のように、私たちが知りたい情報、報道をする姿勢に感謝。
ワイドショーとか、もうどうでもいい専門家とコメンテーター出した井戸端テレビやめて、こういう情報を放送した方がいいと思うんですよね。外出自粛とか「家にいろ」とかばかりフューチャーされてるけど、こうして今も働いている人達、なんとか力になろうとしている人達がたくさんいることを知るってとても大事。
自分の知らない人たちのおかげで自分は生かされていることを知ると、自分の小さな消費だって、誰かを救っているのだという実感につながる。
地域の企業や医療機関がつながり、足りないものを生み出す。コロナがなければもしかしたらこのつながりは出てこなかったのかもしれないと思うと、複雑な気持ちではあるものの、いいなと思いました。
もしかしたら日本各地でこんな動きが出ているのかもしれないですね。
GAFAのうち、Appleだけはハードウェアの開発ができるので、今回のCOVID-19対応でフェイスシールドを作ることができましたが、他のテックジャイアント達は、なにかやりたくても、ソフトウェアでできることに限られていて、フラストレーションが溜まっていたようです。

そういった意味では、「無いものは作る」ということができる日本の中小企業のみなさんは、彼らから尊敬の目でみられると思います。

こういった時期に、日本の中小企業のものづくり力と、GAFAのソフトウェアの力を融合できたら、更にすばらしいと思います。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません