新着Pick
189Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
どうしてこのようなことになってしまったのか。野党議員の照会に対し、全戸配布マスクの受注企業3社とそれぞれの契約金額を厚労省が明らかにしています。それによると、契約額は計90・9億円とのこと。送付にかかる費用を含め、布マスク配布に投じられる予算は約466億円です。不良品は一部の業者が扱ったものかもしれませんが、全体の信頼を損ねる事態です。また、このような問題への対応に厚労省の労力がさかれてしまうというのも、割り切れない思いです。
虫混入やカビ付着もひどいが、公表しないのもひどい。
そして本来、この約466億円は、新型コロナの患者を受け入れている医療現場にN95マスクを届けるためにこそ使われるべきだった。
毎日新聞の記事ですから。

配布するマスクの絶対量が多いので、不良品の絶対量が多くなるのは仕方ない。”不良品率”を指標として使うべきだと思います。

洗って繰り返し使うのが前提のため、「変色している」「髪の毛が混入していた」「異臭がする」というのが不良品に当たるのかは微妙。アンチ安倍も多いですからね。
これは流石に引くレベルで汚い。わざとじゃないんだろうから組織としての力がものすごく落ちてることの証明でしかなくてほんとに心配になる。

トップダウンで仕事を増やす。誰も止める人がいない。無理矢理やる。うまくいかない。また仕事が増える。

ダメな会社そのもの。
コロナ禍において、いつまでもお客様気分でいる人が多くて唖然。

まず、感情でなく、数値でみましょう。不良品率は妊婦向けで0.3%(1901/50万)。99.7%にはちゃんと行き届いていてるともみれる。コロナ禍の対処はスピード最優先。むしろ、普段より不良品率が高くなるのは仕方ないと、割り切りも必要。

ただ、不良品の製造元をトレースして、この0.3%が特定の場所で作られたものかどうかみる必要はありますね。そうでなければ交換すりゃいい話
事実なら請負業者は早急に対応するべきです。国も実態把握に努めなければなりませんね。
現政権を支持できない。
これが通常のビジネスなら出荷停止・全品回収で製造工程の全面見直し。
毎日新聞だから取り敢えずフェイクニュースを疑う

追記

毎日新聞記事のカビ付着マスク写真にフェイクを疑う声多数
https://togetter.com/li/1497383