新着Pick
664Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
“そこから立ちあらわれてくるのが、善行からお金儲けをする「モラリティの資本主義」である。いま先進国ではモノがあふれており、消費意欲も落ちている。そうした状況下では、より善き生活(better life)が注目を集める“

一部の先進国や富裕層にはこの動きは出てくると思います。プリウスがで始めた時に買った層はまさにこれでした。しかしポストコロナは分断の世界です。富裕層の反対側には強烈な貧困層、そして発展途上国があり、この10年で経済的に登り始めていた彼らはその足場を失いつつあります。“モラリティ”は富裕でなければ醸成されません。

“善行“の対象が彼らにまで及ぶのかで世界の経済が力強く戻るか否かが変わって来るのではないでしょうか。
新しい実在論という哲学的見地から世界を斬ると、そこに5つの危機がある。どんな危機なのか、「世界史の針が巻き戻るとき」を読んでみよう。

この解説に出てくるキーワード「モラリティの資本主義」は新しいトレンドになるでしょうね。強欲資本主義は古臭く感じるようになりました。
マルクス・ガブリエル!これ面白かった。内容はもちろんですが、タイトルが秀逸
つまり、問いによって答えが決まる。とても重要な考え。
この連載について
本を読むことは、心を豊かにしてくれる。慌ただしい毎日のリフレッシュにもなるだろう。ただ、ビジネスパーソンには時間がない。そんな悩みを抱えるあなたにNewsPicks編集部が、本の要約サイト「フライヤー」とコラボし、話題の書籍の要約をお届けする。
株式会社PHP研究所(ピーエイチピーけんきゅうしょ、英語: PHP Institute)は、パナソニックの創業者である松下幸之助によって創設され、出版事業を主体に行っている出版社。2010年10月1日、政策シンクタンクを標榜する株式会社PHP総合研究所を吸収合併した。登記上の本店は京都本部で、住所は京都市南区西九条北ノ内町11()。 ウィキペディア