新着Pick
656Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
PCR検査、抗原検査、抗体検査と昨今の報道で複数の検査方法の名前が飛び交っています。そもそもこれらの検査は何をしているか?何を知るためのものなのか?を理解するためのコンセプトの説明部分にご協力させていただきました。

以下記事の補足です。
私たちの体には数多くの種類のB細胞が事前に準備されており感染に備えています。1種類のB細胞は1種類の抗体を産生し、特定の1種類のターゲット(抗原)に結合します。新型コロナウイルスに感染した場合、これを認識する複数の種類のB細胞クローンが大増殖します。つまり血清に含まれる新型コロナウイルスに対する抗体は複数の種類がある(混じり気がある/ポリクローナル)わけです。

一般的に抗原検査に使用するための新型コロナウイルス検出抗体は、ロット間の精度を安定させるために新型コロナウイルスだけを認識する、混じり気のない抗体(モノクローナル抗体)を精製して使用します。

横浜市立大学の研究では、マウスに精製した新型コロナウイルスタンパク質を免疫することで、新型コロナを特異的に認識するモノクローナル抗体の開発に成功したようです。
この開発された抗体は、重症急性呼吸器症候群(SARS)や中東呼吸器症候群(MERS)、およびその他の一般の風邪症状を引き起こすヒトコロナウイルスには結合しないことが実験的に確かめられています。

新型コロナウイルス抗原を特異的に検出できる モノクローナル抗体の作製に成功〜国産初の抗原簡易検査キット開発を目指す
https://www.yokohama-cu.ac.jp/amedrc/news/202004ryo_covid_1.html?fbclid=IwAR3ueG695RZOu_uUKfSuRfTnG-imJXit4D6gGMsFM1BmXfrB9jU1u9jRtVw
次のステップは「検査だらけ」になるかもしれません。

特に、感染が爆発したアメリカでは、経済再開のために1日当たり1000万単位での検査が検討されており、ロックダウン解除への大きなカギを握るようになりました。

(ちょうど今週のNY州の抗体検査で、州約2000万人のうち13.9%という推計が出ました)

だけど、PCR検査、抗体検査…と、数ある検査がどういう仕組みで、何を調べるのかが分かっていないと、次に何ができるかは見えてきません。

その仕組みをスタンフォード大学の新妻先生に解説してもらうとともに、そこから分かる再開への次なるステップへの道筋の展望を記しました。
様々な検査がありますがここで重要なことはこれらが実施されると“陽性“と“陰性“に国民が分断されるということです。

日本人が今まで経験したことのない分断社会がしばらく続くでしょう。

そして検査には必ず偽陽性と偽陰性があります。

今までになかった新たな“差別“要因が社会に加わり、しかもそれは一定の確率で間違っているという悲しい現実です。

検査の必要なく広く押さえ込めるワクチンがなければ本格的な経済復興は望めないでしょう。
ハーバードの経済再開ロードマップでは、8月に学校再開、リモートワーカーの20%がオフィスに復帰となっています。PCRと抗体検査の両方を実施しなければ、通行許可証(仮に)がもらえない。抗体検査だけでは、片手落ち。まだまだ長い戦いを強いられそう。

そうなると、コロナによる感染死亡者と、経済活動停止による死亡者のどちらを優先すべきか。という議論がさらに活発になりそうです。トランプ政権は後者を選択しました。
PCR、抗体、抗原検査などの凄く分かりやすい解説。経済活動を再開するためには、できる限り正確に実効再生産数を把握する必要がある。それによって、どのくらい行動制限が必要かがわかる。なので検査、検査、検査が必要。米国のやりたかは明確。


ハーバード大学による戦略レポートでは、8月までに経済回復のメドをつけるには、まず6月頭から、1日500万人の検査を開始して、(理想的には)7月末までに1日2000万人まで増やさなければいけない、としている。

そして、このレポートを注意深く読んでいくと、彼らのいう検査は、PCRと抗体検査の両方を意味しているということが分かる。まずは、PCR検査をより広範かつ大胆に実施し、実際の感染者数をより正確に測りながら、抗体検査も導入することで、どれぐらい免疫が持つのかなどを同時に確認していく戦略だ。


そして、信頼できる抗体検査結果が出た人は、州政府などの許可を得て、仕事に戻っていくアプローチを一つ想定しているという。

逆にいえば、これぐらいのレベルの検査体制が確立し、感染者のトラッキングなどが実施できない限り、「また元のソーシャルディスタンシング(≒ロックダウン状態)に戻らないといけない」ということだ。
検査結果だけでデジタルに判断することはできないはずで、これらの検査結果と医療のキャパを見ながら、ある程度長期スパンで綱渡りの判断を続けていくしかないのではないかと考えて、準備しています。
機材やキットもそうですが、検査をする人材も必要ですよね…そもそも、免疫パスポート的な発想が有効である保証もない(免疫の強さや効力も不明確)、と。

他の国がどうやって量を確保しているのかぜひ取材してほしい…
ニューヨーク州の抗体検査で13.9%が陽性となり、PCR検査の約10倍の感染者数がいそうだということになった。

もしこれが正しいとすると、感染率がもともとニューヨーク州より低かったカリフォルニア州での抗体検査、サンタクララ郡やロサンゼルス郡の80倍や50倍という結果は、大部分が偽陽性だった可能性あるかもね

サンタクララ郡の論文は計算が間違っていて、全ての陽性が偽陽性だというコメントもついてる
やはり、肝心なのは検査だ。不顕性感染が、この病気を難しくしている。
出来れば、尿検査で検出出来るのが一番。各家庭に配布し、適切に封じ込められる。