[ワシントン 20日 ロイター] - 米財務省は20日、新型コロナウイルス感染拡大で打撃を受けている航空業界向けの給与補助の第1弾として、中小の旅客航空会社54社と大手旅客航空会社2社に29億ドルを支給したと発表した。また、大手6社と支援の詳細について最終合意したと明らかにした。

航空大手に対しては、合意した支援金の半分を当初支給し、残る半分は分割支給する。国内の旅客航空会社への給与補助の総額は、250億ドルに上る。支援金の30%は返済が必要な低利融資の形で行われ、各社は、全額の10%に相当する新株予約権(ワラント)を財務省に割り当てる義務がある。一方、受取額が1億ドル以下の航空会社は返済やワラント割り当ての必要はない。

この日、支援について最終合意したのはアレジアント航空、アメリカン航空<AAL.O>、デルタ航空<DAL.N>、サウスウエスト航空<LUV.N>、スピリット航空<SAVE.N>、ユナイテッド航空<UAL.O>。

航空会社は新型コロナ流行で打撃を受けており、米国の旅行需要は95%減少している。

サウスウエスト航空は、給与補助32億ドルの半分を即時受け取り、残りは5月、6月、7月に分割で受け取ることを明らかにした。

財務省はまた、アラスカ航空<HA.O>、フロンティア航空、ハワイアン航空<HA.O>、ジェットブルー・エアウェイズ<JBLU.O>、スカイウェスト航空<SKYW.O>も参加意向を示していることを明らかにした。

資金を受け取った航空会社は9月30日よりも前に従業員をレイオフすることや団体交渉合意の変更ができないほか、自社株買いや役員報酬、配当への制限に同意しなければならない。

財務省は現在、旅客航空会社向けとなる別の250億ドル融資基金を巡る個別の追加支援要請を検討している。ユナイテッド航空は20日、同プログラムで45億ドルの融資を求めていると発表。アメリカン航空は先週、同プログラムの下で47億5000万ドルの融資を申請していることを明らかにし、アラスカ航空とホライゾン航空は11億ドルの融資を申請していると表明した。

同省は、貨物航空会社向けの40億ドル給与支援金やフライトケータリング会社といった空港関連請負会社向け30億ドル給与支援金について、給付方法を依然検討している。

国際航空運送協会(IATA)は先週、新型コロナ流行による世界の航空業界の損失額は3140億ドルに達すると予想。従来予想を25%上回る規模となった。

*内容を追加しました。

(※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください)