新着Pick
102Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
データは個人のもの、という考え方がメインのEUが産業成長のためのデータルール作りを推進するべく方向転換するとのこと。特に製造業、ヘルスケア、モビリティなどの重点分野ごとの共同蓄積をし、活用できるようにするというようです。米中とは異なるアプローチで興味深いです。

最後の方に、では日本はどうするべきか、という問いかけがあり、日本企業がデータ活用が進んでないという課題認識もその通りだと思います。

‘’従来、EUはGAFAなどに個人データを独占されないためにGDPRなどで規制しようとしていました。しかし今回のEUのデジタル戦略からは、こういった企業にただ対抗するのではなく、自らの強みである「産業データ」の活用を目指すという方向転換の姿勢が見えます‘’
デジタル戦略におけるEUの課題は、日本の課題そのものでもあります。
米中に後れをとったIT産業にいかに対抗するか。

|従来、EUはGAFAなどに個人データを独占されないために
|GDPRなどで規制しようとしていました。しかし今回のEU
|のデジタル戦略からは、こういった企業にただ対抗するの
|ではなく、自らの強みである「産業データ」の活用を目指
|すという方向転換の姿勢が見えます。

EUは個人データをGDPRで守るのが一つの戦略でしたが、攻めのポイントをドイツを中心とした「産業データ」に置くようです。

日本も同様とありますが、製造業のデジタル化の遅れを見ると正直厳しいのも事実です。ヘルスケアやMaaSも重要ですが規制がネックです。一つ一つ突破してゆくしかありませんね。
デジタルに関しては遅まきながらEUの存在価値が高まっています。仏、独単独では間違いなくGDPRも巨額課税もできなかったはず。では日本は?残念ながら打つ手なし。外交、国防、徴税、に加え、データ保護が国家の存在意義になりつつあります