新着Pick
224Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
ゆらぎやゆとりが無くなる頃だと思います。

個人で過ごす時は特に、不安だけを煽ると勝手に増殖しかねないので、どうでも良い雑談や、コロナ情報からの逃避は時には必要ですよね。
将来へ先の見えない不安など、それだけでもうストレスなのに、気軽に声をかけたり、雑談する機会が減っている。 リモートワークが続くと 気がつかないうちにストレスが増してきている。
頑張りすぎず、いろいろ試して、自分のペースを作ることをお勧めしたい。
うちの部署では2回ほどオンラインランチ会をやって、40分ほどビデオ会議システムを繋いで10人くらいで昼ご飯を食べてました。その間は業務に関係あるようなないような話をして、いわゆる「ワイガヤ」状態なのですが、他人の話を聞いてるだけでも、孤独感は解消されるもんだなと思いました。オススメします。
あと太陽光浴びるのは大事ですね。セロトニンを生成するのは良い睡眠にもつながりますし。私も散歩+ランニングで午前中に外に出るようにしてます。
これは本当に大事
ここに書かれてない以外で私が実践しているのは、プライベート用と仕事用のPCを分け、かつ机、可能なら部屋も分けることで仮想的にプライベート空間と仕事空間を区切るということです
これ単純ですがかなり効果があります
あとは散歩
そしてお菓子の禁止
お菓子の禁止は自制心を鍛える適度なストレスになります
その分水を多く飲んだり散歩したりしてストレスを逃がすようにすれば、ストレス源と解消方法がはっきりするので精神が安定します
コロナなどどう対処すればよいかわからない漠然とした不安と立ち向かうのはかなりタフなので問題をすり替えるというのを私はよく実践しています
テレワークが日常になると、住環境が新たな問題になりますね。落ち着いて仕事すると同時に、プライベート生活も充実するには、一人暮らしでも1LDKは欲しいでしょう。

ファミリーはさらに大変です。夫婦2人が常時テレワークに、子供はオンライン授業。最低限人数分の部屋が欲しいです。加えて気分転換に、リビングやダイニングでも仕事したり息抜きしたりがしたいですね。

都心でシンプルな生活を送ってきた人ほど辛くなるでしょう。郊外でゆったりした間取りの一軒家の方がテレワークには向いています。ベッドタウンが見直されるかもしれません。
テレワークというより、一人暮らしだと、誰とも話さずに1日が過ぎていくようなことが続くと辛くなりますね。

寝る前に部屋のライトを消すために「Alexa, turn off group one」と音声で操作しますが、丸一日話していないと、声がかれてしまいうまく、発声できなくて焦ったりします。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
そうそうに椅子(バランスチェア)買った。フリーランス時代に持っていたものだが、ホームオフィス離脱して手放したもの。
あとは、ノートPCもフリーランス時代のもの(7年もの、古いな)を使っていたけど、不満ありで買い直した(まだ届かない)。職場はデュアルモニターなんだけど、ノートPCの画面の広さが不満で、子どもにあてがったPS4/Switch用モニターを奪い取りたくなる(それは大人なのでしない)。

通常、職住近接で家で作業するくらいなら徒歩5分の大学の職場に行っていたのが、大学内に入れなくなって在宅勤務になった。いっそ、デスクトップPCごと持って帰ればよかったのかなあ、と思ったりする。
そもそもアウトプットが明示されない職務でないとリモートワークは入りづらい面はあるかと思います。