新着Pick
40Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
どんなに乱高下しても驚かなくなってきている自分が怖い。これがwith Coronaの日々なのだから。上がったら売る、下がったら買う。
原油については先物のプライスが飛んだ形ですが、株式の先物市場や外為市場でも買い手がつかなくなると、フリーフォールになることがあります(サーキット・ブレーカーはありますが)。気をつけた方がいいです。
ダウ-2.44%、S&P-1.79%、NASDAQ-1.03%。
大分ダウとそれ以外で差が開いた。原油価格の動向は大きいが、一方で業種別には悪いものから順に公益-3.89%、不動産-3.74%、エネルギー-3.29%と、起こっていることの割には「こんな程度」。個別を見れば、Occidental Petroleum -7.63%など下落はしているものの、-30%とかではない。
原油先物は、現物があるものを金融商品化して、普段は流動性が高いからその現物性が意識されない。しかしこういう時には意識されるし、現物性・物理性を意識せざるを得ないのは実需が減っているから。その実需のすさまじい変化の割に、相場は依然高いなぁと感じる。
米国株は主要3指数揃って反落。前日比でNYダウが-2.4%、ナスダックが-1.0%、S&P500が-1.8%。季節性からすれば、先週までの流れをもう少し引っ張ってもというところだが、そうわかりやすく推移してくれるとも限らない。目先はより注意深く観察したい。
二番底に注意
20日のニューヨーク株式市場のダウ平均は3営業日ぶりに下落「前週末比592.05ドル安の2万3650.44ドル」で取引を終えています。