新着Pick
58Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
感染者が鈍化したとしても経済活動が全て以前の通り再開される訳ではないし、3密は引き続き避けられ在宅勤務や宅配などによるライフスタイルがニューノーマルになり市場も変化を求められる。
本当の意味での完全に自由な形での経済の再開はワクチンの準備ができるなど長期化する可能性がある。
今年1月時点で3.3%の緩やかなプラスと見ていた今年の世界の成長率を、僅か2か月後の3月にIMFがマイナス3%まで引き下げ、しかも今年4-6月期を底として下半期の経済活動の再開を前提とするその基本シナリオとほぼ並行して再開まで1.5倍の時間がかかるケース、感染が2021年に再拡大するケースを示しています。新型コロナウィルスという未知なものが原因であるため、経済活動の封鎖が今後どのような軌跡を描くか確たるシナリオは誰にも描けないということを示しているように感じます。また、未知との戦いであるがゆえ、次がトランプ大統領であろうとバイデン大統領に変わろうと、経済再開と感染抑止の間で取られる政策結果の不確実性は同じでしょう。
せめて4-6月を底とするIMFの基本シナリオに沿って進んで欲しいと思うのですが、調査時点で既に4月も中旬。「欧州や米国の経済活動が夏前に正常に戻る可能性が低い」というのは、現段階で首肯できる結果であるように思います。
欧米の経済が夏前に戻る可能性は低いというのは納得するが、秋に正常に戻るという可能性もどこまであるか、まだ油断ならない。
グローバルでサプライチェーンが繋がってるので、グローバル全体が沈下してしばらくしないとなかなか復活できない。年末がひとまずのターゲット、オリンピックが開催されるなら、そこら辺が節目?
日本は例外的に死者が少ないので世界に先駆けて経済を正常化する事が出来る

https://twitter.com/kawamuramasahar/status/1252391547263348748