新着Pick
740Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
特集の第2回は、世界の激しいワクチン開発競争の中で「国産ワクチン」の開発を目指す日本企業に取材しました。

彼らの「勝算」の理由とはーー。

以前、『合成生物学の衝撃』の取材で、米国防総省の研究機関DARPAが、感染症対策に深い関心を持っていることを知りました。その時の取材内容の一部が、今回、思いがけず生きました。記事の後半でそのあたりの記述もあるので、ぜひご覧いただければ。
以前の記事で紹介されたモデルナはmRNAを、本記事のアンジェスはDNAを使用するワクチン開発を行っています。
核酸(DNA/mRNA)ワクチンが注目されるのは、私たちの細胞内でタンパク質を作らせること・大量合成系が充分に整っていることから、より短期間で開発できるからです。

DNAはmRNAに比べると壊れにくい性質を持つため低コストで大量生産できるメリットがある一方、細胞内のゲノムに組み込まれる危険性はないか?など追加の検討課題も出てくるでしょう。アンジェスの強みはすでにDNAを利用した遺伝子治療を開発した経験があることですので、課題解決のノウハウが蓄積できていると期待しています。

1日でも早くワクチンを開発したい状況ですので、各国が、複数のアプローチで、情報を共有しながら、研究開発が進められるのが理想です。
ワクチンができても、僕らが摂取できるの?

これらは全く別の話であるというあまりの核心に、アンジェスへの取材で気付かされました。世界のどこかでワクチンが開発されることは人類として喜ばしいですが、自分が受けられるかは全然違う次元の話です。

今世界で臨床試験に入っているワクチンは、全て「米中」の5件です。そのなかで、出だしこそ遅れたものの、一気にアクセルを踏み始めたアンジェスの「国産ワクチン」の話には、なぜか気づいていなかった、すごく重要な視点があります。
国内企業の新型コロナワクチン開発の現状がよく分かります。
『国産』にこだわる、というよりは、他国でワクチンが開発されたとしても、それがすぐに日本に流通する保証はないので、日本でも独自の開発を進めておくことはとても大事。

とはいえ、もし実用化できるとしてもまだ1年以上かかりますし、
ワクチン開発に期待しつつ、
ワクチンが実用化されるまでの間は、1人ひとりがしっかり感染予防をして、自分と社会を守っていきましょう。
新型コロナのワクチン開発にあたってのポイントはスピード、実現性、供給の3点ですね。
①実用化までのスピード:ウイルス自体ではなくDNAやmRNAといった核酸ワクチンでの作製迅速化。核酸ワクチン全般で期待される
②実現性:研究や開発だけでなく、当局に承認された実績の有無で安全性や有効性の信頼と共に実現できるかどうか。そして集団免疫のための量産化が可能かどうか。みんな最善の努力をしてるが結果論的にマユツバ(残念な結果)が多い世界なので、実績に基づく実現性は先行きを占うために参考になる
③供給可能性:日本に供給されるかどうか。マスク供給で中国から全然供給されないのと同じ問題

なお、アンジェス社は国内で初の遺伝子治療薬を慢性動脈閉塞症に対して上市にこぎつけ、投与1回あたり薬価は原価算定方式で約60万円(最大3回まで投与)。遺伝子治療としては激安(キムリアは3000万円超)

以下、各項目に関連した引用↓↓
①森下教授らによると、従来の手法ではウイルス分離から臨床試験用のワクチン供給まで通常5〜8カ月かかるが、アンジェスの手法では6〜8週間で可能だという。単純計算で4〜5分の1まで時間を短縮できる。
②「製品化までの規格や定義の条件を当局に認めてもらったのは我々が初めてです。精製をして不純物がないとことや、安全性に問題がないかを、動物の試験などで時間を掛けて見る必要がありました。その経験は我々の財産です」(山田社長)
③「世界中で感染が広がっていると、各国とも国益が優先になります。もし海外で生産しても、ちゃんと輸出をしてくれるかという保証がなくなります。その意味では、やはり国内に製造拠点を造らなければいけないというのは、今回の(プロジェクトの)大きな役割だと思っています」
ワクチンや治療薬の国内での開発と生産拠点を早急に整備する必要がある、ということがよくわかりました。MERSやジカ熱、COVID-19のように次々に襲ってくるウィルス。すでに新たなウィルスが誕生しているかもしれません。それに即座に対応する体制は、官民一体となり、国家として構築しなければと痛感しました。

日本国憲法第25条「すべて国民は、健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する。
国は、すべての生活部面について、社会福祉、社会保障及び公衆衛生の向上及び増進に努めなければならない。」
マスクでさえ国際間の争奪戦になっている中で、ワクチンも普及するまでの数か月は獲得競争が起きる可能性は極めて高いでしょう。

そして獲得競争と並行して壁になるのが各国の薬事規制。アメリカでできたものが即日本で使用可能になるかといえばそうとは言えない。ただ、最初から日本の薬事規制に則って作ったものならその心配はない。

さらにワクチン製法のアドバンテージなど、興味深いことがまとまった記事ではあるが、何よりも日本にもワクチンを作れるだけの技術力がある企業・アカデミアがあることは本当に重要。

乏しい想像力で国の資源配分を間違えると大変なことになる。
こういった動きに政府はきちんと支援をしているのだろうか…
世界中で抗ウイルス薬は20、抗体は45、ワクチンは86の開発が行われているそうでこれからもっと増えるでしょう。

国産であればありがたいですが、国産にこだわる必要はないと思います。
ワクチン開発に関する疑問の痒いところに手が届くように答えてくれている記事です。ワクチンに関する記事は多いのですが、簡略すぎるか難しすぎる記事が多く、いまいちピンとこなかったのですが、この記事は大切なことをわかりやすく説明してくれています。
おそらく政府も支援してくれているでしょうが、開発がさらに加速できるよう全力を挙げていただきたいものです。