新着Pick
3404Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
ときに、世界がゲイツを必要としてるんだなと感じます。

パンデミックの到来を予測していたことはもちろんのこと、アメリカのソーシャルディスタンスが浸透や、ワクチンが開発するまでの期間がかかること、すべてゲイツの発言や取り組みで、かなり行き渡ってきたと感じます。

ちなみにアメリカ全州や世界各国の感染からピークアウトの数理モデルも、ゲイツ財団が出資したものを、連邦政府や各州が使っています。

そのゲイツが今一番危機感を持っていることは何なのか。ゲイツVSパンデミックの軌跡を追います。

ちなみにゲイツが出資した最速ワクチン開発企業の独占記事はこちらです。https://newspicks.com/news/4832540/

(にしても、マイクロソフト時代とは全く異なる分野での注目、2度に渡って世界中から必要されるとは、どんな気持ちなのだろうか…)
Newspicksオリジナルのビジュアル解説シリーズは、
とてもわかりやすく、すっと概要が掴めます。

一言でビル・ゲイツの先見の明は凄い。

ウイルスが人類の天敵になる予言は少し前にも話題になっていましたが、今後のアジアやアフリカでの感染拡大、ワクチン開発の実現可否、大国の自国重視への懸念など、わかりやすくまとめられている。
やはり見えてる位置というか、世界を広く深く観る俯瞰度が違いますね。
彼が「次に大量に人類が死ぬのは、戦争ではなく感染症」という意味のことを2015年に語ってたのは覚えているけど、「フーン優雅だな」くらいの感度でしか聞けなかった1人です。サーズだって新型インフルだって何とかなったじゃないか程度の、食うのに必死の庶民センス。

大衆は、大津波のことを歴史的データで語られても「ま、起こんないっしょ」と、自分は大丈夫バイアスかけて世界見てしまうし、天災も喉元過ぎれば忘れたがる面もある。まあ、心配しすぎて生きても行けないが。
ゲイツみたいな存在は、人類の宝ですね。
今後数十年で、世界をストップさせる大災害が起きるとしたら、それは感染症だろうーー。

数年前からそう警鐘を鳴らしていたのがビル・ゲイツです。ワクチンや検査キット、治療薬の開発に出資し、コロナ収束に向けて奔走しているゲイツ氏。彼の動きを見れば、収束への道筋が少し見えてくるかもしれません。
ワクチン開発にもし成功した場合、誰から?どの国から?投与すれば効率よくパンデミックを止めることができるのか疑問に思っています。

医療者を優先するのか?若者なのか高齢者なのか?
医療設備が充分でない新興国からなのか?これから冬を迎える南半球からなのか?
そして、ワクチンを開発した企業は供給を自国に優先するのか?
疑問が尽きません。
核酸ワクチンには、大きな期待ができます。
https://newspicks.com/news/4832540/body/?ref=user_336510

核酸ワクチンだけではなく、コロナ後には、免疫力と相関関係がある腸内細菌に関してより大きな注目が集まりそうです。
COVID-19の恐ろしさは、世界中に拡散していること。アフリカやアジアの新興国での感染を抑えなければ、第2波、第3波がおきる。それをゲイツさんは懸念し、積極的に支援しています。

究極の世界主義者です。世界の安全を個人で実現しようとしている。預言者であり、救世主と言い換えてもいいかもしれません。
ビル・ゲイツ氏の先見性と行動力、それを裏付ける財産(当然、マイクロソフトの大功績があってのことですが)には圧倒されるばかりですね。。

中国がすでにこの機にヨーロッパに深く入り込もうとしているように、途上国支援も各国の思惑の中で今後動いていくのでしょうか…今後、より途上国が注目されてくると、中国のアフリカでの動きもより活発になってくるでしょうね(すでに動いているのでしょうけれど)。。

10年先、20年先のことを考えると、日本が一早く自国の状況をコントロール(当面、完全な収束はできないとすると地域ごとの感染の拡大・縮小に合わせた自粛要請・対策等のある程度のパターン化など?)し、東南アジア・南アジア地域などのサポートに回ることを目指さないといけない…?

そう考えると、本当に苦しいですが…
グローバル企業を長年牽引してきたからこそ、世界を俯瞰して発言しておられるのだと思います。重みがあります。
新興国や途上国でのパンデミックについては全く同感です。移動の制限が世界的に解除されたら、ゲイツ氏が言うように再び感染者が増加する可能性は十分にあると思います。グローバルに移動しながら仕事をしている方々は共通してこの危機感は持っているのではないでしょうか。
グローバルで移動の制限が解除される前に有効な治療薬がどこにいても手に入る状態になれば回避できるかもしれません。ただその場合は、コロナの症状や治療薬の服用について、個人レベルでの理解力も同時に上げていくことがかなり大事だと思います。
モデルナなどワクチン開発各社に投資をしていたことは言うだけではなく行動するゲイツさんの素晴らしさを表しています。

途上国での感染爆発はもっとも恐ろしく生命も経済も含め世界を分断してしまう可能性があります。

経済的に恵まれている日本で生まれ、先人たちにありがたいと思いますし、文句言ってる人たちはなんなんだ?と思う反面、

途上国で感染拡大が起きたら彼らはどうなるのだろうと恐怖も感じます。
この連載について
新型コロナウイルスは、もはやワクチンができなければ終息しない。新型のウイルスという脅威に、いかに人類は立ち向かっているのか、最先端のワクチン、治療開発の現場や、医療現場の戦いをレポートする。