新着Pick
118Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
開幕延期で時間がある今だからこそ、野球界はプロアマ含めてみんなで「未来」の話を議論しましょう。プロ野球選手のセカンドキャリアの問題を掘っていくと、球界の様々な問題が凝縮されていることに気づきます。指導者はなぜ「野球バカ」と言われる選手を作ってしまうのか。選手はなぜ「野球ロボット」にされるのか。ドラフト上位で入団して、わずか3年で戦力外通告を受ける選手がなぜ多く生まれてしまうのか。

現場で取材していると、選手たちの意識は明らかに変わり始めています。若い指導者は新時代のやり方を構築しています。旧態依然の野球界を変えるには、こんなチャンスはない。みんなで「未来」をつくりましょう。
ここ数年、プロ野球選手の考え方も大きく変わってきています。その一つが、セカンドキャリアのアンケートに反映されている。

しかし、もし本当にそれを実現させるのであれば。
課題が思い当たることも多くあります。これからそんな現実について、さまざまな方の証言をもとに紐解いていきます。
全くその通りですね。経営は学歴不問ですし、社会は思っている以上に広いので強烈な差別化もあるので、最低限のITスキルだけあれば、すごい楽しみ。自信を持って突き進んで欲しい。
"(元プロ野球選手の)僕がやっていること自体が差別化だと思います」"
社長になりたいというよりも自分の名前(力)で生きていく発想が浸透してきたのではないでしょうか。自分でリスクを背負って選手生活をするからこそ、選手引退後もその経験と財産を生かして活動していこうと考えるのは当然の流れなように感じます。
これは新しい潮流ですね。ビジネス界で成果を上げた人がスポーツ界で活躍すべきですし、スポーツ界からビジネス界で成功する仕組みを構築すべきですね。
水野さん、クラウドファンディングサービスの世界にようこそ。FARM Sports Funding https://farm-sportsfunding.com/ を運営しています。一緒にマーケットを拡げていきましょう!
選手会アンケートかとても興味深いです。
2019年にそれまで全く出てきていない会社経営者か、いきなりのトップ。その背景をもう少し知りたいです。
この連載について
Twitter https://twitter.com/SportsPicks_NP NewsPicks発のスポーツメディア。記事、動画、イベントなどを通して「スポーツの見方をアップデート」していく。長友佑都氏、末續慎吾氏、清宮克幸氏ら豪華連載陣やインタビュー、スポーツの真相に迫る特集を更新していく。