新着Pick
5Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
キャパの問題があったから基本的にはしょうがなかった側面が強いが、
日本における「検査しぶり」が問題を大きくした可能性が強い。

次回のためには、検査手続きの整備と検査能力の拡大準備をしておかなければならない。
検査の相談をするために電話がつながらない、
熱がつづいているのに検査を待たないといけないという「検査崩壊」が起きているのは
準備の不足であった。
その責任は、日本感染学会と厚労省にある。

「2つの「医療崩壊」がごちゃまぜに議論されているために混乱が起きている。「指定病院の医療崩壊」を阻止するために検査が抑制され、検査が抑制されたために市中感染が拡大して「市中病院の医療崩壊」が起きているのだから何をやっているのかわからない。」