新着Pick
51Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
コンピューターからアーケード、家庭用、スマートフォン、クラウドと時代の盛衰がめまぐるしく移り変わるゲーム業界。その歴史と未来を探る特集「ゲームの未来」を企画しました。
 外出をひかえた消費者による「巣ごもり需要」で特需が生まれたニンテンドースイッチ用ソフト「どうぶつの森」は3月という時期にも関わらず、クリスマス商戦と変わらない売り上げ。
 しかし新型コロナの影響が長く続けば、一変して厳しい状況に置かれる。今は思わぬ恩恵が出ているゲーム業界ですが、その先に控える反動について専門家の意見を交え、開発の現場で出ている影響などを調べました。
外出禁止または自粛をする地域が多くある。日本は4月から外出自粛要請を全国に拡大。3月までと4月以降で、ダウンロード版、パッケージ版の販売比率にも変化がありそう。

支出削減が進む中、Free-to-playのゲームに回帰する流れ、プレイ時間の増加も考えられる。スマートフォン向けは特にFree-to-playのゲームが多い。こちらも簡単に出来る支出削減の対象となりそうで、恐らく全体で見れば売上の減少は免れないでしょう。それでもプレイ時間が伸びることにより、課金機会が増え、売上増加の要因となるかもしれない。

リーマン・ショックの時は、スマートフォン向けのゲームが普及する前だった。スマートフォン向け、その中でもFree-to-playのゲームについて、大幅に景気後退する状況下でどのようにプレイされるのか。売上の傾向など、気になる事が多々ある。
任天堂株式会社(にんてんどう、英語: Nintendo Co., Ltd.)は、主に玩具やコンピュータゲームの開発・製造・販売を行う日本の企業。TOPIX Core30の構成銘柄の一つである。 ウィキペディア
時価総額
7.04 兆円

業績

Premiumを無料で体験
登録・ログイン