新着Pick
11Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
MIT technology reviewによると、シリコンバレーの抗体検査からCOVID-19実感染者数は確認済み感染者数の50-85倍。推計集団陽性率は2.5-4.2%とのこと。

つまり、
・50倍以上も軽症・無症状で回復した感染者がいる
・致死率、遥かに低い可能性


日本ではPCR検査実施していないからもっと実感染者が多い可能性がある。50万人から100万人あるいはそれ以上は既に感染している計算になる。一方死者は200人程度だから、致死率は0.1%未満となる。

今後検査を増やせば当然感染者の確認が増える。感染者の増減で一喜一憂することが無意味になる可能性大だ。

僕の仮説は、日本では昨年12月頃から新型コロナウィルスが蔓延し、知らぬ間に多くの日本人が免疫を得ていたというものだ。その仮説が正しいかどうかは、日本でも抗体検査したらわかるでしょう。

この記事にも出ているが、「過剰に恐れすぎて、経済を破壊している可能性が高い」が何よりも一番心配だ。