新着Pick
292Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
記録的なマイナスになっていますね。

部門別統計(中国語、ページ下に表)http://www.stats.gov.cn/tjsj/zxfb/202004/t20200417_1739327.html

第一次産業がマイナス3.2、二次がマイナス9.6、三次がマイナス5.2。実は農林水産業にも想像以上の打撃が出ています。小豚の出荷量はマイナス30%。今年年末の豚肉価格に響くはずです。

また消費者物価価格が4.9パーセントと莫上げしているのも重要な問題です。食品が20%もの上昇です。

社会消費品小売総額は3月期にマイナス15.8%。1、2月のマイナス20.5%からは改善したとはいえ、まだまだ厳しい。ネット通販も1~3月の伸びは前年比5.9%増と、伸びは鈍化しています。ネットに特需があったとはいいがたい数字です。3月末から電子商品券などの消費刺激策が始まっているのですが、それでどこまで回復するのか。
http://www.stats.gov.cn/tjsj/zxfb/202004/t20200417_1739331.html

可処分所得はマイナス3.9%。経営的収入がマイナス7.3%とえらいことになっています。
http://www.stats.gov.cn/tjsj/zxfb/202004/t20200417_1739334.html

中国の景気対策については本日売りの週刊ダイヤモンドに寄稿しているので、興味ある方は読んでいただけましたら。
▲9%とか予測している機関もありましたから、想定の範囲内ですね。
むしろ三月からの経済指標はV字回復している一方で、感染者数に増加に兆しが出てますから、むしろ中国は経済というより感染の第二波が来るかどうかが注目でしょう。
これは私の予想も大きく下回りました。

内訳をみると、社会消費品小売総額(消費)が3月単月で15.8%減、1Q(1-3月)で19%減となっています。リアルの消費は厳しい移動制限の影響が直撃していますが、その一方で、ネット消費は1Qで0.8%減にとどまっています。ただし、ネット消費の内訳をみると、モノ消費は5.9%増ですので、サービス消費が落ち込んでいる状況です。

工業生産は1Qで8.4%減ですが、3月単月1.1%減にまで回復してきており、生産ラインが徐々に正常化しているのが確認できます。

産業別にみると、第一次、二次、三次産業がそれぞれ3.2%、9.6%、5.2%のマイナスでした。

第三次産業に関しては、情報サービス部門で13.2%増となっており、リアルの落ち込みを、ネットサービスで補ったような形となっています。
1-3月期の中国は労働、資本など、経済を動かす要素がほぼ止まっていたので、前年同期比ではマイナスとならざるをえません。数日前、IMFが中国の年間成長率を前年比+1.2%と発表しています。この数字が実現するには、4-6四半期から回復基調へ向かい、下期は政府の景気刺激策が本格化してくる前提が必要となります。

まだ制限があるものの、シンセンについては、かなり戻ってきているという話を現地から聞きました。内需向けはまずまず回り始めているが、外需は業界によってまちまちで差が激しい模様。

なお、昨日の終値ベースでは、シンセン総合指数は年初来で僅かですがプラスに転じました。世界の時価総額トップ10の株式市場のなかで、コロナ発生後に年初来でプラスとなったのは、シンセン総合のみです。上海総合も他市場に比べると下げ幅が限定的です。
なかなか厳しいですね。ただこれは終わった四半期の話。問題は2桁のマイナスが予想される4〜6月期の世界各国の成長率です。

https://newspicks.com/news/4827360/
これまでは前年比+6%ほどの推移だったので、コロナがGDP成長率に与えた影響は約-13ptとなる。おまけに、拡散の規模としては抑えられた中国でこれであって、逆にもっと広がってしまった欧米はこれでは済まないという示唆でもあると思う。
なお、細かいが「前年同月比」ではなく「前年同四半期比」…
リーマンショックに続く金融危機のとき、4兆元(約60兆円)を住宅やインフラ等に投入して世界経済の回復に貢献した中国。新型コロナウィルスを抑え込んだあと急回復することが当初は期待されていましたが、外国からの帰国者が主体とはいうものの感染が再び広がる兆しを見せはじめ、設備投資や生産活動の回復も思うにまかせぬ状況がはっきりしてきました。1~3月の前年同期比が潜在成長力の高かった19年10~12月を下回るのは当然と受け止めるとして、リーマンショック直後のような大規模な景気対策も期待し難い環境下、今後の回復はゆっくりしたものにならざるを得ないように感じます。
2020年のGDPを10年比で倍増する長期目標の節目の年に、未だ欧米や日本ほど包括的な景気対策を打ち出していない中国はどう動くのか・・・ (@_@。ウーン
第一四半期は、ある意味仕方がない。
むしろ第二四半期以降、どうやって景気を吹かすのかに注目しなければならない。

政府は、社会インフラに巨額の資金を投資。
個人消費を促すために商品券などをばらまく。
これでV字回復を狙うのだろう。

しかし、
46万社が倒産したとも言われる民間企業は、まだまだ投資や消費ができない。
工場を再開してフル操業しても、当面は感染拡大で経済が壊滅的になっている欧米日からの発注がない。

中国は、経済が巨大化したので、自らの努力だけでは経済成長はできなくなっている。

第二四半期からどういう経済政策、産業政策を実行しようとするのかをよくみたい。
コロナ禍は激甚なマイナス影響ですね。果たしてこの程度なのか、もっとすごいことになっているのではないか、という憶測がありますが、中国がここまでの落ち込みを認めたことそのものが事態の深刻さを物語っていると思う。

問題はV字型回復になるかどうか。ベンチャー拠点の広州では、アフリカの人々のコロナに怯えきっており、人種差別問題まで発生している由。また、インドのコロナに非常に神経質になっているようです。

他の地域でも、かなりおっかなびっくりの再スタートになっていると聞いています。

サプライチェーンの回復、中国製品への信頼、そして人民元問題等々、難問山積です。とくに当面、世界中がネイション回帰、縮み志向にあるなかでは、です。

日本経済は好む、好まないに拘わらず中国経済の影響を強く受ける。この2,3年、少なくとも文化・経済ではよい雰囲気になってきた日中関係です。全体観を踏まえた中国との共存ーもちろん、わが国益を第一義にして。ここを外してはいけないーが大切なテーマなんだと思います。
4月以降の回復は速くあまり気にしないが。
問題はその後の客先の喪失、サプライチェーンの途切れ、中国一国で解決する問題ではない。