新着Pick
84Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
他国に先駆けて中国で感染拡大したことから、製造を大きく依存しているAppleは早くから新型コロナウイルスの影響を受けてきた。おそらく今回のiPhone SEについて、2月第1週の春節から明けても、製造が思うように進まず、1ヶ月スケジュールを先送りしての発表となっていたとみられる。

しかし中国の感染の収束も早かった。欧州や米国での感染拡大とはパターンが異なっており、新型コロナウイルスの変化や生活習慣との関係性など、科学的に分かっていないことが多いが、中国では3月に入る頃には製造が回復し、Appleも新製品を展開し始めることができるようになった。こうして先月に続いて、4月にiPhoneという注目度の高い製品の発表が実現した。

新型コロナウイルスの一通りの経験を既に済ませているアップルからすると、新型コロナウィルスの混乱からの立ち直りのプランを中国以外でも進めることができる、と言う自信につながっているのではないかと思います。ただし、中国とその他の先進国では政治体制や社会インフラの新しさなどが異なっており、中国のようにうまく立ち戻るのかという点は不確定要素です。
さんざん下請けをいじめ倒して得た強固なバランスシートか。。。
なんとも思うところは多い企業ですが、悔しいながら製品は大好きです
ここがなんともなぁ
彼らの経済活動はブランドを盾にも剣にもして暴君をやるということは広く知られているわけで、こんな時くらい経済に対して還元があってもいいはず
今後も単価の安い中国とがっちり手を組むんでしょう
その方がいろいろと都合がいいことが多いもんね
いまの金融市場は、デジタルの波で儲かる企業か、現金がある企業かが選ばれている印象です。アップルは両者を兼ね備えている企業。ちなみに、近年は日本の上場企業は現金持ちすぎ論でていますが、現預金比率の平均値で見ると一番突出しているのは米国大手上場企業。有事に強いはずだ。。
昨日はGoogleの記事が出ていました。アップルのティム・クックCEOは「研究開発と将来の製品には「大いに」投資を続ける」と全社会議で発言したそう。各社の戦略も気になります。

グーグル、今年いっぱい採用を抑制へ 戦略分野に限定(Reuters)
https://newspicks.com/news/4824160
近々発売される「iPhone SE(第2世代)」の製品概要をみて、TimのCOOとしての才能に唸りました。

何故なら、それはAppleファンに対する反旗であり、市場ニーズへの迎合だったからです。ただ、それにより、この製品は「売れる」でしょう。

ファンの「SEの」に対する期待を裏切ってまで、売上を重視する...まさにCOOの判断でしょうね。

これが良い戦略か否かはおいておいて、業績は確実に伸びると思います。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
アップル(英語: Apple Inc.)は、iPhone、iPad、Macintosh(Mac)、その他ウェアラブル製品や家庭向けデジタル製品、それら諸製品のソフトウェアなどを開発・販売している多国籍企業である。2007年1月9日に「アップルコンピュータ」(英語: Apple Computer)から改称した。 ウィキペディア
時価総額
217 兆円

業績