新着Pick
126Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
サノフィがワクチン候補の試験実施、グラクソはアジュバント提供するとの報告です。

新型コロナウイルスに対する免疫を誘導するためには、弱毒化or不活化した新型コロナウイルスそのものを接種するのがもっとも直接的な方法です。
しかし安全性を証明するため/ウイルスそのものを製造するために、多大な条件検討とコストが必要になります。

そこで注目されるのが、新型コロナの成分の一部であるタンパク質を免疫する方法です。この場合、ウイルスそのものを免疫するのに比べて効き目が弱くなります。この効き目を増強させるために添加されるのがアジュバントです。

アジュバントは注射した成分をその場で長くとどめたり、炎症を増強することで免疫応答をより効率よく誘導する効果があると考えられています。アジュバントにも複数の種類があるので、サノフィが開発したワクチンに対して、最適なアジュバントをグラクソが探索・開発するのでしょう。いい条件が発見できればワクチン1ロットあたりに必要なウイルスタンパク質量を減らすことができるので、ワクチンロットをより沢山製造することができるようになります。
無症候性の患者に抗体が産生されなかった報告やウイルス自体の変異の報告もあり、どこまで有用性のあるワクチン が製造出来るのかはわからないが、何もないよりある方がずっと良い。期待を込めて見守り。
臨床試験を開始して、うまくいけば2021年下期までにワクチンを提供することを目指すとの話。おおお。あと1年半後・・・。世界のすべてが変わってしまいそう。
世界の2大ワクチンメーカーであるフランスのサノフィと英グラクソ・スミスクラインが新型コロナウイルス感染症との闘いで手を組むとのこと。
やはり、キーはウィルスタンパク質。これを反応検出出来ないものですかね。そうしたら、簡易検査作れると思うのですが。

業績

グラクソ・スミスクライン(英語: GlaxoSmithKline plc)は、イギリス・ロンドンに本社を置く世界有数の規模を持つグローバル製薬企業。略称はGSK。ロンドン証券取引所、ニューヨーク証券取引所上場企業(ロンドン証券取引所: GSK ニューヨーク証券取引所: GSK)。 ウィキペディア

業績