新着Pick
206Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
ゴールデンウィークは、ビジネス需要ではなく、観光レジャー帰省の需要。

現在、飛行機は、フルサービスキャリア(ANAやJALなど)は減便で、ローコストキャリア(ピーチなど)は、完全休止してます。

フルサービスキャリアは、ビジネス需要が多く、まだ細ーく需要があるが、ローコストキャリアはレジャー観光ニーズがほとんどのため、需要は、ほぼゼロのため。

この論理からいくと、レジャー観光ニーズがほとんどのゴールデンウィークに新幹線や特急移動の需要が激減は必然かと…
しょうがないですね。涙

レジャー観光は、不要不急だし、帰省も、田舎の親は「今年は帰ってこんでいい!」と言うんじゃないかな。

また来年には、新緑薫る季節に、あちこちお出掛けできると信じて、今年のゴールデンウィークはお家のベランダで家庭菜園でも、いかがでしょう。
航空業界があまりにも悲惨なので影に隠れてしまっていますが鉄道各社も大きく傷んでいますね。バスも壊滅なので移動はほぼ車に限られた感があります。

掻き入れどきののゴールデンウィークの回復に一縷の希望を持っていた観光宿泊事業者にとって、うすうすわかっていたとはいえショックな数字です。

感染抑止の為に人が動かないことは喜ばしいですが、いよいよ事業の継続について厳しい判断をしなければらならない時が近づいてきています。
前年同期比10%にとどまっているとは、凄い影響ですね。

企業のコストは大きく分けるとふたつ
・変動費 売り上げ(生産量・販売量)に比例して増減する経費のこと。原材料費など。
・固定費 生産量や販売量の増減に関わらず一定にかかる経費のこと。家賃や人件費など。

鉄道などのインフラは、航空業界と同じ設備産業で、固定費の高いビジネスの代表格。いくら新幹線の本数を減らしても、固定比率が高いので赤字はあまり変わらない。

景気の良い時は、設備投資が莫大で参入障壁も高くて良いのだが、この状況では足かせになる。

ただ、鉄道などのインフラはいち民間企業というよりは、公共性も高いので、単に儲からない企業なら倒産すればよい、という話でもない。

今はどこまで耐えれるか。市民の足として、コロナ収束まで鉄道系の皆さん本当に頑張ってください!
緊急事態宣言の期間にかぶっていますからね。業績観点をおいておけば、強制力をもたせていない中でコロナ疎開と旅行が自粛ができているとポジティブに評価するべきかもしれません。

「最低7割、極力8割、人との接触を減らしていただければ、必ず我々はこの事態を乗り越えることができる」と安倍さんは会見されていたので、現時点で9割減らせているという解釈もできます。
数字の理解に4秒かかりました。10%減ではなく、10%、つまり90%減ですね。

圧倒的に正しい。規制は実家の高齢の両親にうつしてしまうリスクを高める。
毎年、ゴールデンウィークには九州の実家に帰省するのですが、大阪在住の私は感染源になることを恐れ帰省を諦めました。
田舎は高齢者が多く、医療機関も不足気味なので、仕方がありません。同じように帰省を諦めた人が多いと思います。
10%残っているのはどんな需要なのでしょうか? 旅行も帰省も、基本的には禁止ぐらいにしないと大変な禍根を残すのではないかと心配です。

運輸、旅行関係の方々には本当に申し訳ないが、今年はとにかく移動を抑えないといけません。なので当然、収入補償もしなくては。今の中途半端なままでは、皆が共倒れです。
ゴールデンウィークは、今回の非常事態宣言の最後の締め括りとして最大限外出を自粛すべき時期にあたる。まさかこの期間に、帰省や遠方への観光に出かける人はいないと思う。JRの新幹線や特急の予約が9割減っているのは、コロナ感染の封じ込めに向けた国民の意識が浸透している現れとして、(足元の経済は別として)まずは喜ぶべきことだと思う。

追伸
個人的にはまもなくGWだという感覚が全くないです。複雑な気持ちです。
新幹線は少し運休してもいいんじゃないかなあ。超満員にならない限り。経営上は明らかにそうすべき。
欲しがりません勝つまでは、なんか昔祖父母から聞いたセリフを思い出してしまいます。

皆、苦しい。でもここが辛抱しどころなんでしょうね。