新着Pick
168Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
なんだか、何をしても批判的なことを言われてかわいそうになってきました。
記者もつまらない質問されている方いらっしゃいますね。頭が良い人の集まりのはずなのにどうしてこうなってしまうのでしょう。
混乱招いたのは私の責任ときちんと認めた上で、方針転換。
この潔さに国民も早く新型コロナが収束していくようできることから協力していこうと思える人が増えるといいな。

大阪は吉村知事が雨合羽とフェイスガード募集したらすぐさま三ヶ月分も集まったそうで、募集中止になったと。
とにかく今のこのような状況では組織のトップって、覚悟をみせることが統率していくために大切なんだろうなと思うこの頃。
今は最適解はわからない状況。日々方針が変わっても致し方ない。検証はコロナの終息後でいい。今はリーダーをみんなで支えるという考えも必要では。

また記者はつまらない質問している。
1月下旬にヒトからヒトへ感染をしないと報道していたマスコミ。自分たちのミスは認めないの?質問者を国民が選ぶしくみが必要ですね。
本当に下らない、というか、今しなくても良い質問ばかりで、記者や報道機関の質を疑う。。。

普通のセミナーでも今や普通だけど、質問を事前に受け付けたり、同じような質問が繰り返されないよう、質問箱の中でいいねがつけられたりする機能を使って、選りすぐり且つ皆が聞きたい質問に答えてもらうよう、やり方を考えて欲しい。
記者より一般市民からの方が、鋭い質問が出るでしょう。

まぁ、どこどこの誰々です、って名乗る事で、あぁ、この新聞・テレビはアホでダメだ、と知る機会になってる事だけは有益だけどね。
総理、とにかく寄り添う。そして、頼む。このスタンスだった。ひたすら平時と同じ思考で、揚げ足取りの質問ばかりの記者が痛々しくさえある。みんな、頭、切り替えないと!戦争です。
(以下,会見前の雑感)
狭い業界の話になりますが,以前から緊急事態宣言の対象地域であった裁判所は,緊急性の高い案件などを除いてすでに休業状態になっています。

一方,その他の地域(今回,新たに緊急事態宣言の対象になった地域)の裁判所では,同じように原則休業状態にするのかについて,どうもまだ決めかねている部分があるようです。

司法は行政から独立しているとはいえ,今から始まる安倍総理の記者会見も判断材料にしたいということなのかなあ(知らんけど)。

・・まあ,ぶっちゃけたことを申せば,改定された基本的対処方針(以下リンク先参照)に目を通しているような方であれば,経済対策を除いて,記者会見で真新しさを感じる部分はそんなに多くないと思います(たぶん)。
https://www.kantei.go.jp/jp/singi/novel_coronavirus/th_siryou/kihon_h_0416.pdf
安倍総理の記者会見の内容は、感染者急増に対処するために、国民が必要とする自覚、給付する現金についての説明、これからの行政サイド方向などを明確に具体的に述べていた。これだけの内容を国民に向けて説明できる政治家は見当たらないと思う。今日も記者会見場で「どうしたら首相に対して一本とれるか」との思いだけで質問している記者がいた。質問を聞いている人は質問者の意図を瞬時に読み取っているのに。
過去の事に対して責任とか詰めるような質問する記者は何なんだろう…
全く生産性のない質問…

過去の行動の責任とかじゃなくて、これからの未来に対する行動の質問をしてほしい

責任問題とか取り上げて国民のモヤモヤの向き先を首相に向けて、賛同をとって盛り上げるような事を今はして欲しくないなぁ
記者から質問が責任追及メインで、質が低いと言わざるを得ない。いま必要な質問は給付フローだったり、緊急事態宣言の期限など、会見の中で国民が気になる具体的な説明を伺うための質問時間だろうと思う。
首相記者会見そのものは良かったと思います。特に、この国難で、在宅されている方より先に、外で働いてもらっている方々を讃えたのは、評価できます。こんな時でも、社会機能を正常に保つために、多くの人が貢献してくださっているのを真っ先に考えなければなりません。今、厄介なのは、バカコメンテーターのように、ワァワァ騒ぐしかやることのない人々です。「9割の経済を止めたっていい、人の命を守って」と頓珍漢なセリフよりは、すべてを背負った首相会見の方がはるかにマシでした。また、首相が突然の方針転換にて、素直に詫びるというのも好感がもてました。

僕的には、残念な方針転換ですが、意見の違いは仕方がないし、この危機で、誰の意見が正解なのか、さすがに分かりません。非常事態を渇望していた大多数の人々は、徹底自粛=短期解決という話を(根拠も知らずに)信じています。しかし万一、GW前の感染者数反転に失敗した場合、方針の再転換は必要になると思います。経済を戻し、個々の現場で対策費用を積み増しながら、感染を一定程度許容する。致死率優先抑止のための、基礎疾患者や高齢者の保護・「隔離」を優先する。軽症者は自主治療とするなど、ウイルスと共存する道を模索しつつ、ワクチンや治療法の開発を最大限前倒しする。中途半端な自粛の長期化は、「自粛恐慌」を招くだけです。