新着Pick
189Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
3月決算企業の場合は、有価証券報告書が出る6月末の前に、会社法監査済財務諸表は5月中旬から末、その更に前に決算短信が4月末から5月頭にあります。

実務的に一番悩ましいのは決算短信 & 会社法監査だと思います。
今の状況からすると、3月決算の上場企業の法定監査は、期末監査手続きが実質的に出来ないことが多すぎて、監査意見が出せないかと思われます。
その場合ですが、期限延長を考慮すべきは、金商法に基づく有価証券報告書の提出以外にも

1.税務申告→本来ならば5月末まで、公開企業は1か月延長手続きをしているので6月末
2.定時株主総会→会社法に基づき決算日から3ヵ月以内に開催か求められます
3.3月決算の発表→期末日より45日以内

この3つと有価証券報告書提出は、全て社内手続きが連動するので、期限延長ならば、セットにしてあげないと実質的な負荷はほぼ減りません。
当然です。ただし早く出せる会社は早く出して欲しい。
3月期決算の企業に限らず、3の倍数の決算期の上場企業は四半期決算資料作成と監査対応をリモートで行う等の対応に迫られますね。
コロナで業務が予定通り進めることができない一方で決算スケジュールを遅延させてはならないという会社方針、加えていつもと勝手の違う監査対応、コロナ対策といったところで本当に経理の方々は例年以上に疲弊していると思います。

本当にこの決定があって良かったです。
これに併せて、Araiさんも仰っていますが、決算短信、株主総会や税務申告も延長する措置が追って公表されることを願っています。

決算ももちろん大事ですが、一番大事なのは従業員(今回だと経理やIR等に携わる方々)の命、健康です。長い歴史の中で、こういった決算期が1回あってもいいじゃないですか。無理のないペースで仕上げていきましょうよ。
この際、四半期報告書をやめる、っていかがでしょうか?
大変残念だが不要不急