新着Pick
166Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
昆虫が7割から4割に減るとは。昔は身近に虫がいたからね。人間も身近にいない種類の人間には違和感覚えるかも。だから、若い頃の交遊関係が重要。虫は触れなくてもいいが、人間嫌いになると辛い。
うちの子供も虫嫌いでしたが、ペットショップで愛嬌たっぷりなトカゲに一目惚れ。トカゲを飼い始めてからというもの、ミルワーム(トカゲのエサ)を素手で掴むまでになりました。興味を持つきっかけがあれば変わるんだなと思いました。
ぼくが5歳くらいの時、ダンゴムシすら触れないヘタレだったのを見かねて父親が福島や山梨など「虫だらけ」の世界に連れ出して「楽しく」矯正してくれた。父親のことは大嫌いだったけど、そのことだけは感謝してた。
触れることができる/できない、というより触れる必要がない。今は夏休みの課題に昆虫採集とかでないし。その裏付けとして、今も昔ももともと馴染みの薄いヘビへの嫌悪感は変化していない
ヘビ、カエル、カブトムシ。日常生活では最近触る機会がない。よく触る虫は蚊。殺すとき。
成長とともに触る機会がへるとおもうので、高校生ではなくて、小学生で調べた方がよい気がします。そもそも蛇って触れるものなのかどうかも、疑問なのですが。
自然体験活動をやっていて実感値と重なる話。二次元では好きだけど三次元では嫌いな子も多い。四人に一人は蛇を素手でいけるのは凄い。(笑)
田舎育ちの旦那さんを見ていると、逞しいし羨ましいなと思いますね。東京や大阪では、ヘビやカエルはもちろん、虫もそんなに見かけませんからね…、触れなくて当然かと。
子供のころはバケツ一杯に毛虫を集めて遊んだ思い出があるけど、今さわれと言われると躊躇するわ。
それだけ身近なところに昆虫を見なくなったってことですよね。都道府県別にデータ出すと傾向が見えそう。うちの子は蚕とか平気で掴んで遊んでるけど‥(笑)