新着Pick
219Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
実施している26%の企業も100%テレワークではない為、人数的にはほとんどテレワークしていないことになる。
現状は時差出勤やシフト制による休暇が通勤時の混雑緩和の主な理由だろう。セキュリティは無駄に複雑なことも多いので見直した方が良い。
例えば内部としかやりとりをしない人と大量の顧客データを取り扱う人とほぼ同じセキュリティの場合があるがメリハリが必要だと思う。
4分の3が実施していない事実にうつむきます。できない、んでしょう。ITが普及し始めて四半世紀、サボっていた。日本の競争力が下がった大きな理由はIT利用の低さにある。今回がラストチャンス。
大手の場合はセキュリティが、中小の場合は仕組みが・・とリモートワークをなかなか進められない企業さんでよく聞く話ですが、このタイミングは”いいわけ”できるすごくいいチャンスです。それでもできない様々な理由は想像できなくはないですが、今だけではなく今後もリモートワークという選択肢があるかどうかは重要になってくると思います。
あくまでテレワークは手段であり目的ではないこと、ということは改めて理解すべきだと思います。

弊社はお茶の製造から行っていますので、いまのところ全社的にテレワークをすすめるのは最適解ではないです。販売は一部テレワーク化、戦略やバックオフィスはフルリモート、などなど部署ごとに最適化するのが解でしょう。


テレワークという括りではないかもしれませんが、社内でのミーティングがほぼzoomで完結するようになり、製造から販売のチームが物理的な壁を超えて交流し合うようになったというのはコロナによるいい変化でした
従業員規模が大きくなるほどテレワーク実施率が高まっているのが現状。弊社は創業期からリモートワーク中心で経営しているけれど、ホワイトカラーの仕事は業種・職種関係なくリモートで実行可能。中小ベンチャーならではのリモートワークのやり方があるので、どんどんそういうtipsお伝えしたい。
まずはやってみる、という段階からやってみると良いと思うけど、やってみると自宅のインターネット接続環境が貧弱、もしくはないなどの人が結構いる。
中小企業でそんな簡単に対応できるところは少ないと思います。セキュリティの問題という理由でリモートなどを認めていなかった企業もあると思います。そのような企業がこれをきっかけにどれくらい意識改革ができるの?というのもあると思います。
「74/0%がテレワーク実施」と最初は誤読してしまった...。
オンラインに移行しようとしても、取引先に、
「Zoom等の環境は整っておりませんので、ウェブ会議には参加できません」
とお断りされるケースも多いと聞きますね。
ノートパソコンが品薄になっている現状もテレワークができない原因となっています。会社で調達するためにはある程度の量を確保しなければなりません。あとはセキュリティの面でしょうね。個人が会社の情報を持ち歩くことになりますので、紛失した場合の対策をする必要があるでしょう。

新型コロナの影響は長期化することも見込まれていますので、先を見通してリモートワークが当たり前で会社を作り替えていかねばなりません。
何の事後申請を許容して欲しいかが気になった→「テレワーク可能な業務がない」場合を除き、テレワークを実施する上で課題になっているのは、主に社内体制の整備、ハードの整備、セキュリティ確保の3点。解決にあたり、行政に求める支援としては、「ランニングコストへの支援」「事後申請の許容」「企業規模・業種に応じた導入モデルの紹介」