新着Pick
263Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
百貨店の後方部門勤務者です。
弊社は全館休業と決定された為、自宅待機です。ただし、リモートワーク環境がない為、自宅から仕事はできません。会社としては苦渋の決断だったと思いますが、社員としては「有難い」の一言に尽きます。

休業前は、私自身が小売に勤めながらも現場ではなく裏方の為売場にもほとんど出る事が無くリスク少なく働いていたので、現場で毎日働く営業部の方々に申し訳無い気持ちで一杯でした。

経理の締めなどで出勤して手続きしなければならない物がある場合は、1人無いし必要最低限の人数が出勤し作業しますが、他は皆、完全自宅待機です。

古い体質である百貨店は、これを機に「お客様対応は人がやらなきゃ駄目!!」とかいう化石のような考えは捨てて、新たな時代を生き抜く百貨店として、様々なやり方を改めて発展してほしい。

チャットボットひとつ入れるにしても「それは電話交換が対応すべき」とか言われて否定された2年前。やっと会社にも理解されるかもしれない。
まさにリモートワーク中。
これまで突発的に家にいなくちゃならなくなったとき(子供の発熱)にはなんで素晴らしい、楽!と思っていたが、
月曜日から金曜日まで会社とスペック違うPCで、
となりには子供がいる状態で、家族のごはんつくりながらやるリモートワークがなんとしんどいことか。

でも正念場。
環境整っている人が今日くらいは、、、と出社しだすと8割減なんてできない。
完璧でなくていい、最低限とめてはならない仕事をざっとやる、くらいの意識で。
社会的インフラなど、テレワークができない等の理由で私達の生活のために 出勤している方々へは感謝しかない。
一方で会社や職場のIT準備によっては、テレワークしたくとも間に合ってないケースも多いといえる。 また自宅の環境も整備しなくてはならない。
この急を要する事態を理解し、とにかくできるところから始めたい。
むしろ頑張っている企業を、工夫の仕方とともに公表したらどうでしょうか。実際、出社せずに自宅待機していたら人との接触は9割以上減りますから、出社させない人を減らすことはとても大事だと思う。

インフラのような必要な職種の方には、リスクがある中で出勤していただいて頭が下がる思いです。一方「不要不急の業務」のために出社しているケースは見直されるべきだと思います。「頑張ればリモート出来るけど、面倒、みんな慣れていないし」とか「不要不急なんだけど、それをいうと怒られるから仕方なく出勤している」のようなケースも多いのでは。説明責任を果たす、工夫をするなどによって出社をしなくてよいのならば、出社しないように努力する必要があるのではないでしょうか。

社会全体で8割減。当然減らせない業種もあるが、すべての働く人が社会の一員として向き合うフェーズにあると思います。
政府だけに頼るのでなく、1社では取り組めなことは、業界毎にアイデアを出してもよいはず。
業界内で、いろいろ整理して、社会機能を維持しながら、
交互にお休みできるように調整する手もあるだろう。

緊急事態の時は、基本はリーダーや経営者の問題。

大阪府知事、北海道知事にみると、危機時には若いリーダーの方が、いいとわかる。経団連は、お年寄りクラブで何もできてない気がする。
大企業は、テレワークが不可なら、有休を与えるのが社会貢献。
不急不要なのに、マスク姿で「休めない」のは、経営者の問題ですね。
なんか仕事に行く人全員を悪人みたいな風潮で報道するのやめなよ! 交通インフラ系や食系小売り業・生産業もちろん医療従事者の人達は休みたくても休まないでがんばっている。全員一緒くたにしないで、ちゃんと尊重する人達には敬意を表してほしいわ。
ビジネスモデルによってはリモートワークや休めない方々もいらっしゃいますよね。時差通勤の徹底やリモート活用できる方のリモート徹底により電車の混雑状況を緩和する協力が必要と思います。
営業職は休むのは難しいのは理解出来るが、何とかならないかと思う。また社会インフラを支えて頂いている医療、食品、生活必需品の流通、交通従事者には十分な追加賃金を支払って上げて頂きたい。我々の様な業種は、生活費をギリギリ迄切り詰めて、ひたすら在宅でリリース出来る日に備えて作品創りをするしか無い。小屋を運営するライブハウスやライブ制作事業者は閉めていても固定費もかかり借金まみれか、廃業かの選択を迫られる。長引けば長引く程先は見えない。
ベンチャーも全面的にリモートかといえば、そうではなさそうです。

エンジニアは元々リモートが多いですが、ミドルやバックは割と出社している印象です。聞くと、取引先からの請求書が郵送で届く、外注先との契約書にハンコを押さないといけない、ベンダーへの振込の通帳や印鑑を自宅に持って帰る訳にはいかない、など。

完全リモート化は一社で完結する話ではなく、社会が適応していく必要がありますね。
医療現場の方、インフラ系の方、会社がリモートワークに対応していない方、印鑑や郵便物対応のためにオフィスに行かないといけないかた...それぞれの方にそれぞれの事情があるのだろうなと思います。
雨も降って冷えますし、ご自愛ください....