新着Pick
376Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
4月12日放送のNHKスペシャルでは、2月下旬の段階で「日本では都市機能封鎖の法律もないし、PCR検査できる場所も不十分な中でできるのはクラスター対策」という様子がありました。「PCR検査抑制」というよりも「十分な数の検査ができない」というほうが正確です。

過去の日本は幸運にも大規模な感染症から免れていましたが、結果として「感染症対策はお金がかかる無駄な事業」として国・民間企業が本腰を入れてこなかったのが現在です(韓国とシンガポールはSARSの経験あり)。

「今まで問題がなかったんだから大丈夫だろう」は、皆さんの会社にもあるのでは? 無駄を削ぎ落とし、効率よいやり方を求めた結果、余裕がなくなり、トラブル対応できなくなったのが(感染症に限らず)今の日本や企業です。これを機に、余裕を作ることの大切さを考えてみましょう。
検査を抑制した日本の方針も正解ではないだろうし、
かといって、希望者には全員検査を、というのも正解ではない。

そもそも、検査を行う際には、
検査結果が絶対正解とは限らない(偽陰性がありうる)という大前提を、
検査する側もされる側も理解しておくことが大事で、

たとえ陰性であっても、症状がある場合は念のため自宅療養する、ということを守れるリテラシーが必要。

医療崩壊させないために検査結果を絞っていた、という話は、
https://this.kiji.is/621304569613403233

明らかに疑わしい症状がある人であっても検査をせず、
結果的に、そういう人は少し症状がおさまると仕事復帰したりして、
感染を広めかねないので、本末転倒となりうります。
明らかに疑わしい症状がある場合には検査できる体制ではあるべきかと。

そういう方針になってしまったのは、
早々にCOVID-19を『二類感染症』に指定してしまったから。

陽性者はすべて入院させることになってしまったので、

検査増やす→(感染が広まれば当然)陽性者が増える→病院のベッドが不足

となってしまうことを懸念したのでしょうが、
そこでやるべきは、検査制限ではなく、無症状・軽症者は病院以外の施設で隔離、に方針転換すること。

今でこそそうなりましたが、その方針転換をもっと早期にするべきだったのではと思います。

たらればになってしまいますが、
たらればの批判をするというよりは、
今後同様の危機に面した時に備えて、今回の経験はちゃんとフィードバックしておくべきと思います。
「健康診断のホント」という連載タイトルのようですが、健康診断における検査の意義という意味なら、図解は全くもって正しいと思います。

しかし、現在の首都圏におけるコロナウィルス感染症にあてはめるのは少し乱暴かもしれません。感染症診療における検査は、健康診断における検査とは意味合いが大きく異なるからです。

まず、PCR検査の特異度は例示されている数字よりも高く、通常100%に限りなく近い値をとります。故に偽陽性の方は図解されているよりも圧倒的に減ります。これは感染流行のごく早期から明らかにされていたことです。

また、現在でも無症状者にもむやみに検査を行えばこのような図式が成立するかもしれませんが、少しでも症状のある方に行えば、現在の東京では事前確率はかなり高まるのではないかと思います。実際に検査の陽性率はここ数週間で急上昇しています。1ヶ月前とは状況が違うのです。

後半のリソースの限界という点はその通りだと思いますが、検査数と現在の死亡者数で比較をするのも乱暴だと思います。このような単純比較にはバイアスの可能性が多分に含まれます。また、これほどタイムラグのある数字を現時点で比較してしまうことに、私は全くもって賛同できません。

「誰でも検査」が弊害を生むという総論には全く異論はありませんが、「必要な方には滞りなく行う」ことも重要です。この記事によって誤解を与えないか気がかりです。
一部の方が一斉検査をという理由の一つに感染者の確認を前倒しして、1日あたりの新規感染者数のピークを早く作って、そこから数が下がっていけば峠を越えたと言えるようになるからだと思っています。日本の今のアプローチだと感染者の絶対数は少なくても、新規確認数がダラダラと増え続ける可能性が高い。なかなかピークを超えたと言えない苛立ちがある。イタリアは峠を越したように見えるし、メディアも株式市場もそう思っているが、1日あたりの新規感染者確認数は日本よりまだまだ全然高い。それでもイタリアは改善方向、日本は悪化方向とメディアは報道する。実にバカバカしいのだが、こういう面があるので感染者確認のピークを前倒ししたい気持ちは理解出来なくもない
陽性的中率を上げるには「それらしい人」に絞る必要があります。おそらくそれが一般の方には理解しづらいかもしれません。
また疑わしい人が多く、防護服が少ない現状ではよりより効率的な防護具が必要です。
民放ワイドショーやら立憲民主党で「PCR検査増やせ」というのは「コロナについて無知な人のみ相手にしたパフォーマンス」とみなして良いと思います
医学素人&理学修士の端くれの立場から恐縮ですが、検査にフォーカスしたこちらの記事をもっと高い視点から考えると、そもそも新型コロナに対抗するのは以下の2種類の戦い方があったってことですよね。

<作戦A>
・PCR検査抑制
・クラスター対策
・感染症法適用による陽性者全員入院
・イベント自粛・休校(経済への影響小)
・医療対策限界の引き上げ

<作戦B>
・PCR検査拡大
・軽症者の自宅orホテル隔離
・緊急事態宣言(経済への影響大)
・医療対応限界の引き上げ継続

どちらの作戦が正解かはともかく、どちらにせよ必要な要素を整えた上で実行する必要があり、結果として日本は韓国やドイツと異なり初期に作戦Aを選択したみたいですが、
・検査の精度に問題があるからなのか?
・検査を行うキャパ自体が元々低かったからなのか?(その理由は検査制度の信頼がないから?)
・新型コロナを早々に感染症法を適用したことで軽症者隔離ができなくなり医療崩壊を懸念したからなのか?
・経済の影響を小さくしたかったからなのか?
等々、どの制限が決め手となって日本は初期に作戦Aに踏み切ったのかがぼんやりしているように感じます。

そしてクラスター対策が突破された今は、作戦Bに移行するか、あえて検査拡大をそこまでせずに市中感染を適度に進行させて集団免疫獲得に向かうのか、その辺りが気になるところです。
PCR検査がなぜ進まないのか。偽陰性偽陽性だけでなく、この記事にあるように、感染予防の対応をとって検体をPCRにかけることを考えると、確かにいくらPCRの機器があったとしても大学の研究室では難しいのが実態だろうなと思いました。
この「ロジック」ずっと言われてるんですが、どうもロジカルに思えません。まず野放図な検査の話に飛躍してますが、問題は医師が検査してほしいというものまで拒否するのは、どうかというところ。そのうえで。

1. 偽陽性、偽陰性の話
まず陽性でも無症状なら自宅待機とすれは、偽陽性はさほど大きな問題にならないのでは。また、偽陰性のひとが外出することが問題視されますが、検査してもらえないひとが外出したり、あるいは病院をめぐってることも問題ですので、ここはその比較で捉えるべきだと思います。

2.PCRのすご腕技術者
そこまで含めたキャパシティに比べて、検査数が少ないのでは。民間検査機関にはまだ余裕があるとの指摘もあります。もし、すご腕のみなさんがすでにアップアップならキャパシティがないと説明すべきだし、どうすればキャパシティを増やせるかについて知恵を絞るべきでは。

3.検査数と死亡者数の相関
これ、相関見ても解釈が難しいですよね。死亡者数に1番効いてる要因が、そもそもまだ分かりませんし、死亡者数/実際の感染者数は、国によって大きく異なると想定されます。だからBCGとかいろいろ言われているわけなので。

医療も検査もあるいはその間をつなぐ事務にも、キャパシティはあります。それが足りないというのなら、話は分かります。

たとえば、感染者がほとんどいないと推定されるのに検査をどんどんやっても、ほとんど陰性になるだけだからムダ、とかのロジックなら分かりやすいです。もちろんこの場合、感染の広がりの推定については議論になるでしょうが。

しかしここに挙げられたロジックで、あえて検査していないんだと説明するのには、無理があるように思います。いまの日本の検査数が妥当かどうかは議論があると思いますが、メディアがこうしたロジックに乗ってしまう、しかも例示の数字を現実とは違う都合のいいものに置き換えてしまうのは、なぜなのかと考えてしまいます。誰に取材したのだろうか。
国が本気出せばなんでもできるみたいなロジ度外視の人がマスクとかPCRとか病床を増やせないのは怠慢みたいなこと言ってて見てるだけで頭痛い。