新着Pick
129Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
昨年秋に始まった「販・販」分離業界構造変革と資産運用アドバイス事業への事業モデル転換の動きは非常に激しく、地域銀行や保険・保険代理店等、良質の顧客接点を持つチャネルの囲い込みが進んでいます。
確かに、富裕層やシニア顧客基盤を有する百貨店はその条件に適うチャネルであることは間違いありませんが、足もとのチャネル囲い込み競争において、囲い込み及び育成にリソースを割かなければならない先として優先順位が高いように思えず、正直意外でした。
ただ、地域銀行や保険・保険代理店と同様に百貨店も非証券チャネルであり、投資信託等の金融商品を「モノ」として販売することは困難であり、如何に顧客との信頼関係を資産運用アドバイス付加価値(百貨店であればRelationship Management重視か)の提供という形でマネタイズできるかが課題であると考えます。
記事にもあるように、丸井の投信販売に重なるイメージで、特に若い新規顧客接点の強化に思います。
 ただ本丸はどちらかと言えば外商の方の営業力アップにつながる貸出・不動産などへの投資・税務戦略などの総合的なプライベートバンカーサービスなのかなと考えます。現状はどうなのでしょうか。
興味深い動き。滑り出しとして対面は目下大きな逆風に晒されていると言わざるを得ないが、アフターコロナを見据えて長い目で見れば、ここで打った布石が活きる可能性もあると思う。もちろん活かし方によるところが大きいだろうが。
百貨店の隠れた資産である外商の顧客リストを活かさない手はないですね。大きなチャレンジですが、SBIどっぷりではなくもっとニュートラルなやり方もありそう
丸井はカードがメインの貸金業社だからtsumiki証券を設立して多少のシナジーはあると思いますが、高島屋はあまり証券とのシナジーが無さそうな印象。
却って手間とコストが掛かりそう。
今後の対面証券は、このSBIのように非金融の既存の対面チャネル(例 百貨店)に営業範囲を伸ばして、中の上程度の顧客層とのタッチポイントを増やすことが王道になりそうですね。わざわざ店舗に「来てもらう」ことが顧客にとっていかに負担か、ようやく金融機関にも理解されてる気がします
SBIホールディングス株式会社(エスビーアイホールディングス、英語: SBI Holdings, Inc.)は、日本の金融持株会社である。商号のSBIは、元々ソフトバンクグループの金融関連企業として設立されたため「SoftBank Investment」の略であったが、その後同グループを離脱し「Strategic Business Innovator(戦略的な事業の革新者)」の略に変更した。 ウィキペディア
時価総額
5,464 億円

業績

時価総額
1,349 億円

業績