新着Pick

ECBの怒濤の資産購入は半年で限界にぶつかる

東洋経済オンライン
今週、3月のECB(欧州中央銀行)の資産購入プログラム実績が公表された。今回の月次データでは国別や平均残存年限なども明らかになっている。ECBの資産購入プログラムを整理しておいたほうがよいだろう。資産購入…
73Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
ECBもFRBもよほど集中的にウォッチしていないとプログラムの種類や内容を把握し精査するのは困難な情勢に入って来ています。「半年」というのは3月の購入ペースを続けた場合ですので、本文中にあるように4月以降、このペースであることは現実的にはないでしょう(と願います)。

しかし、現状は既存枠を含めても年内で1兆ユーロ用意しているわけです。これを使い切ってドイツやオランダの政治的合意を取り付けるには、相当な摩擦が予想されます(長くECBを見ている身からすると、また誰かが抗議辞任しかねないと予想します)。

問題は「次の一手」があるかないか、とは別に特定国の国債を購入し過ぎであるという問題です。PEPPの中身が分からない(非公開)ので何とも言えませんが、APPの南欧化と平仄が合うように、PEPPも同じことをやっている公算大でしょう。この非常時でキャピタルキーの逸脱が日増しに大きくなっていますが、危機後にどうやって戻すのか?は非常に興味深い論点です。
限界にぶつかったら、YCC+財政しかないですね。
プロピッカーを務めていただいているみずほ銀行チーフマーケット・エコノミスト唐鎌さんの記事。ECBの資産購入プログラムについての整理。