新着Pick
417Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
PCR検査は今まさにウイルスがあるかを検査する方法で、抗体検査はウイルスにかかった経験があるかを判定する指標になると考えられます。

新型コロナウイルスの特徴は無症状の感染者が多いことです。現状のPCRの感染者数は症状があるから検査している人が多いので、実際の感染者数より少なく数が出ます。

スタンフォード大学ではすでに臨床試験がはじまっていて症状を経験していない人も含めて抗体のデータを取りはじめています。

免疫学の原理的にも経済的にも、抗体を持っている人から活動を開始するのは正しいアプローチに感じますが、まだまだ未知が多いウイルスなので段階的に実施して抗体保持者の再感染/発症が起きないかを注意深く観察する必要があると思います。
トランプは聞きかじりで思いつきを言うので、信用なりません。研究が始まったばかりのマラリア薬転用を「安全ですごい効く」と言いつのり、それを信じて似た名前の薬を飲んだ人が死んだのに、まだいい続けています。抗体検査も「早くロックダウンを解除したい」という勝手な推測で根拠なく言っていると思います。

抗体検査はスタンフォードで試験的に始まっていますが、1000人ほどの小規模なテストに過ぎず、抗体検査が本当に有効かもわかっていません。PCR検査も人工呼吸器もマスクも、物量も人員も自分ではまるで手配しない連邦に、大規模な抗体検査などできるわけがない。

世界で一番たくさん死人が出ている国よりも、国の政府がなんとか頑張って押さえている日本のほうがよほどマシです。日本の死者数が過小報告されているとして少し多めに見ても、アメリカより二桁低いのです!
ちょっと紛らわしい見出しだな。抗体検査で確認することと免疫があると確認するのは別の話。抗体は免疫獲得の必要条件ではあるが十分条件ではないし、どのくらい免疫が続くかもまだはっきりしていない。
無症状・軽症で終わることも多いこのコロナの感染症に対して、「知らず知らずのうちに免疫ができている人がどれくらいいるか」、ということを調べるための検査で、これまでのPCR検査とは検査の目的が異なる点に注意が必要です。

また、抗体ができている人は今後感染を起こさないかどうかは、定かではありません。多くのウイルス量の曝露であればやはり感染してしまうのでは、と想像します。この抗体検査と追跡調査を組み合わせることで、その検討は可能だと思います。
日本の場合は現在は医療崩壊を回避することに主眼が置かれているが、問題の着地を見るには治療薬・ワクチン・免疫獲得のセットが不可欠かと。日本の出口戦略、示して欲しい。
今のアメリカの状況で、抗体検査が優先課題か、そして、そもそも今なのか?と、甚だ疑問ですが、抗体検査はいずれ必要になると思います。

例えば、京都産業大学がクラスターとなっているのは、同年齢が多く集まった可能性があるからでは?
一方、神奈川県でエジプトから帰国した感染者がジムを使った…とあった時、濃厚接触者が800人⁉️と大騒ぎになりましたが、そこがクラスターになったとは聞いとません。

スペイン風邪では、若者が感染して50代あたりに感染者が少なかったのは、1890年代に同じウイルスに感染した人が多かったからだという記録が残っていると本で読みました。

どこかの段階で抗体検査は有用になるとは思います。

とは言え、今のアメリカは抗体検査云々の状況ではないですよね。感染検査は無料でも、治療を受けられずに自宅で亡くなる人が減らない限り、ロックダウンは、アメリカの貧困層にとって絶望感でしかありません。
この結果として、実は既にかなり多くの人が抗体を保持していたというようなサプライズは十分あり得る。経済活動の再開と感染拡大のトレードオフに対し、どの段階でどれだけ賢く工夫して出来るかがポイントとなる。その前提として、検査をやれる体制、その検査の精度の織り込み、社会的な理解が必要となろうが、どれについても日本は遅れそうだ。
抗体検査の結果が性格かつ安全であることを祈るばかりです。

信頼性が高くなれば、日本でもできるだけ早く取り入れるべきでしょう。

検査を病院に限ると大混雑で状況を悪化させるので、今から場所や方法について検討しておくべきだと思います。
米国の動きが加速していっている。NIH、FDAの科学的見知の元、トランプ大統領が爆速で承認を後押ししていっている。PCR検査はいまコロナに感染しているかを調べる。抗体検査は既に感染して抗体を持っているかを調べる。違う目的だけど共に重要。抗体を持っていることが分かると、コロナに罹らないので現場に復帰できる。もちろん精度は100%ではないけど、ドンドンと試してデータを溜めていくことが精度を高めるのに繋がる。

何よりも通常の経済を復活させるためには今の感染の広がりを正確に理解するためのPCR検査と、これまでにどれだけの人が感染したかの抗体検査は必須。できない理由を並べ上げて動こうとしない日本に対して、多少の問題やリスクがあっても問題解決に向けて挑戦する米国。大きな違いを感じる
この抗体検査こそが重要!コロナウィルスに感染して発症していない人もいっぱいいるはず。しかし、今の日本は、抗体持っている人と持っていない人が混在しているからややこしい。抗体もって発症しなかった人が抗体を持っていない人に感染させる可能性もあるからだ。抗体検査キットを開発して一般病院やクリニックに配って検査すれば、収束し易くさせるのはもっと容易なはず。臨床治療薬は最低あと2年はかかるから、その間この新型コロナウィルスを避け続けることは実質不可能なのだから。