新着Pick
1452Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
素晴らしい取り組みだと思います。

解決しなくてはいけない問題はそれなりにありそう。でも、その問題を後回しにしてでもとにかく取り組みを始める、ということのほうが重要なのかもしれません。
#決して取り組みを否定するものではありません。

・インストール率が上がるか。
・Bluetoothを常時ONにしている人がどれくらいいるか。
・職場では自分のデスクやロッカーに置きっぱなしという人もいるだろうし、パーティーではクロークに入れるかもしれないので、どこまで常時身につけていると仮定できるか。
・自己申告がどれくらい機能するか。
・逆にいたずら(虚偽申告)をどこまで抑制することができるか。これは例えばBluetoothで近くにいると判定される医療関係者も申告したら登録する、などの工夫はできそう。
・アプリから「あなたの周りで感染者がでました」と通知が来たときに感染者を特定しようとする悪意ある別のアプリが登場しないか

など、皆がどれだけ真面目に関与してくれるかに関わってきます。
逆説的ですが、こういう感染者の可視化が社会実装されていた方が外も安心して出歩きやすいというのはあると思います。韓国でも「自宅隔離」を命じられた市民の位置情報をGPSで追跡するアプリが実装されてます。
withコロナ時代の標準になりそう、
もちろんこのような動きはハラリが危惧している監視社会化の懸念と隣り合わせです。

https://www.technologyreview.jp/s/191232/south-korea-is-watching-quarantined-citizens-with-a-smartphone-app/

数カ月以内には、2社それぞれのプラットフォームに同様の機能を組み込むことで、より多くの人が参加できるようにする。アプリや政府の保健当局など、より広いエコシステムとの協働が可能になるという。
コロナショックのインパクトを受けて、「ウイルスが人類の天敵である」という共通認識から生まれた協業の素晴らしい事例。

昨年末のスマートホーム分野での協業も含め、GAFA同士がプラットフォーム競争ではなく、協業や共創による新たな相乗価値を生み出していく可能性が示唆される。

GDPR等での個人データ保護や中央集権に対する疑問や否定に対して、
GAFAがどう乗り越えていくかという点も注目だが、この協業は序章に過ぎずポストコロナ時代もGAFAの影響力がさらに強まる可能性も高い。

このパラダイムシフトが強まる状況下で、GAFAを切り崩し、乗り越えるような企業の台頭も楽しみではある。
これは素晴らしい!プライバシーと防災は共存させる必要がある

アプリの使い方はこうだ。COVID-19の検査で陽性反応が出たユーザーは自身で感染したことをアプリに入力する。すると過去数日間に接近したユーザーに通知が届く。感染した人の名前や接触した場所は他のユーザーに知らされず、AppleやGoogleにも特定できない仕組み。
素晴らしい取り組み。プライバシー配慮においてはGAFAと一括りにすると、と常に訴求してきたAppleが関与するなら、今回のように第三者による評価も仕込んだ相応の配慮がなされた仕組みになることでしょう。期待大。
この分野でのBluetoothの活用はシンガポールでも始まっていますね。
ただ国によっては個人情報保護の問題はありそうです。

https://search.yahoo.co.jp/amp/s/www.businessinsider.com/singapore-coronavirus-app-tracking-testing-no-shutdown-how-it-works-2020-3%3Famp%26usqp%3Dmq331AQRKAGYAZ3b-I-I0dHq_AGwASA%253D
素晴らしい取り組みですが、課題もありますね。

Bluetoothはバージョンによって測定誤差が異なる。
- Bluetooth 5.1 : 誤差 数cm
- Bluetooth 5.0 : 誤差 数m

ちなみにiPhoneだと
- Bluetooth 5.1 : 未発売
- Bluetooth 5.0 : iPhone 8 ~ 11
- Bluetooth 4.2 : iPhone SE ~ 7

=参考=
探しモノの方向がわかる、cm級測位も可能な新規格「Bluetooth 5.1」
https://businessnetwork.jp/Detail/tabid/65/artid/6576/Default.aspx

iPhoneのBluetoothバージョンを一覧で解説
https://taboyama.com/iphone-bluetooth-specification/
シンガポール政府はすでにこの類のアプリを出しています。2週間ぐらい前かな。私もダウンロードしてますが、問題はアプリを起動してそのままにしておかないといけない、画面ロックするとワークしないってことです。スマホを逆さにすることでディスプレイが暗くなり消費電力を減らすようにはなっている。正直使えない…シンガポールによくある「スマートにやろうと思ったけど微妙に使えない」テクノロジーの例かと。これより上手く作ってね
位置情報は個人情報。GDPR含めて個人情報保護の動きがあった中で、拡大防止のためにどこまで使っていいのかというのは論点になってきて、また急速に整備の議論が進められている。
本丸のEUでは、指針策定中だが、基本方針は緊急事態優先(下記)。ただどこまでが公共の福祉として認めるかは、特にAppleはそこへのこだわりも強く、議論がどんどん出てくると思う。犯罪捜査で当局にデータを見せることをどれだけ認めるかも、そこに絡んで来うる(以前論点になって、サン電子のイスラエル子会社も注目された)。
https://newspicks.com/news/4800849
アップルやグーグルも凄いけど、改めてBluetoothを作った人も凄いですね。将来の感染症は製薬だけではない技術革新がその困難を克服するのかもしれませんね。これからも技術が人類を救う勇気が持てます!
アップル(英語: Apple Inc.)は、アメリカ合衆国カリフォルニア州に本社を置く、インターネット関連製品、デジタル家庭電化製品および同製品に関連するソフトウェア製品を開発、販売するアメリカの多国籍企業である。2007年1月9日に、アップルコンピュータ(Apple Computer)から改称した。 ウィキペディア
時価総額
184 兆円

業績