新着Pick
383Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
政府が率先垂範してオンライン化に取り組むのは、素晴らしいと思います。(政府がこのような手続を変えるのは本当に大変なことで、現場の関係者の方々の尽力に感謝します。)

リモート勤務もまた、政府が率先垂範して進めるべきではないでしょうか。業務の緊急性や、業務継続の必要性、個人情報保護などを基準に、部署ごと、業務ごとにリモート率の目標を設定できると思います。
いよいよ具体化してきました。オンラインで最短7日は素晴らしいと思います。様々な補助金・助成金も手持ちキャッシュ的にスピード最重要な中、有り難い変化ですし導入側もそれに合わせて動きたいですね。
これに限らず、雇用調整助成金など、様々な政府関係の給付金の相談窓口はパンク状態。電話は繋がりません。政府はあらゆる手続きをオンラインで相談から申請まで一気通貫で可能にすべきです。
官僚の皆さん本当に猛烈に激務で仕事していると思います。本当に感謝し頭が下がります。Jリーグなんかもコロナ対策のスタッフの方々を見ると本当に何もしてないこちらが申し訳なくなってきて自分の仕事がんばろう!って思います。ありがとうございまーす!!

https://www.meti.go.jp/covid-19/pdf/pamphlet.pdf
良いことだと思う。大変な努力が現場で行われていることに敬意を評したい。
我々は今まで経験したことのない問題に直面しており、最初から正解を出すことは難しい。だとすると、様々な批判が起きた段階で迅速に修正をしていくことしか方法はないだろう。

同時に、問題があるならば、しっかりと批判をすることは重要であるとも感じている。非難や否定ではなく批判が望ましいのは言うまでもない。これは現在の状況に限った話ではないが。
昨日の日経朝刊で、
「スイスは即日にキャッシュ振り込み、日本は一ヶ月」
と書かれていたことが刺激になったのでしょうか?

ともあれ、素晴らしいことです。
もっと、スピード感を持って実行して下さいね。
オンラインで対応してうまくいったら、ぜひ今後の手続きを行政関連はどんどんオンラインで完結するよう転換していってほしいですね。
助成金、補助金に関しても大量の紙資料をプリントアウト、押印し、ちょっとした記載ミスでも封書で何往復もやり取りしていましたので、この機会にオンライン化が進むことを期待しています。
最短7日でやるのは賛成だが、給付金は1回だけなのだろうか。
世耕さんはGビズ idは不用と言ってますね。

https://twitter.com/sekohiroshige/status/1248150663155945472?s=21

個人事業主は、1月から12月締めなので、確定申告表写しと、事業口座の昨年と今年のコピー有れば大丈夫そうな気がしますが、
中小企業は、決算期がまちまちなので、矢張り税理士にPLなり試算表なり昨年と今年の指定期日の売り上げわかる資料作ってもらわないとですね。