新着Pick
586Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
発熱の症状がある人については、きちんと検査できる体制を早く整えてほしい。この数週間のうちに、自分の周囲にも発熱の症状で病院に駆け込んだ人が何人かいたが、いずれも検査させてもらえなかった。本人も、陽性か陰性かはっきりしないまま、普通に仕事復帰している現状はどうかと思う
こういう参考になりそうで確証のないデータってどう取り扱うべきかも含めて発信しないといけないと思います。

説明がないと、不必要な憶測や不安を煽ってしまう
0.11%×総人口で、13万人。
政府は1日2万人のPCR検査が可能としているので、1週間分じゃないですか。

検査を受けたいが断られた人の話がたくさん聞こえてきます。
感染が始まった初期段階ではPCR検査数を絞ったことが院内感染を防いだ効果があったかもしれないが、ここまで感染が広がると、感染者の早期発見と隔離に方向転換すべきなのは素人でも分かる。

もう保健所任せにせず。各所に発熱外来を設置してPCRでも抗体検査でもCTでも何でもいいからやって、感染者数の把握をやらないと「政府は感染者数を意図的にコントロールしてる」みたいな疑念を払拭できませんよね。
回答数としては全体の0.11%という数値。それでも2万7000人近くの人になる。この数値をどう読むかというところになると思います。正直に回答した人も、少なからずいると思いますので、熱が4日以上続いているひとが一定数いることになりそう。
職種など、人との接触の度合いによってやはりかなり変わりますね。熱があっても様々な事情で休めなかったり、在宅にできなかったりとありますが、その人たちがちゃんと検査できて周りに感染を広げない仕組みづくりが待たれますね。
発熱をしている人がすべて新型コロナではないとはいえ、明らかにリスクは広がっている。しかし、0.11 %と言う事は1000人に一人と言う事でもある。Social Distancing をきちっととればリスクを遠ざける事は可能。やはり自粛はしっかりやらねばと思う。
LINEの調査対象だけで2万7000人も発熱が続いている人がいるということは、現実にはもっと膨大な数の「発熱続き」の人々がいるということ。

その中のどれくらいの割合が感染者なのかはわかりませんが、(検査をしていない)隠れ感染者が日本にはたくさんいる可能性があります。

ただちに検査してもらいたいのは山々だけど、これらの人々が一気に押し寄せたら病院がパンクします。

病院以外に臨時の検査施設が作れないものでしょうか?
今は、学校等の施設がいくらでも使えるのですから・・・。
「飲食店や外回りの営業など長時間の人との接触や密集を避けるのが難しい職業のグループでは、0.23%と全体の平均の2倍余りに上っていました。」
新型コロナ感染者ではなくあくまで発熱ベースではあるものの、もう少し前に政府として把握してしていた調査データのはずです。が、東京では居酒屋や飲食店は夜20時まで営業OKになりましたね。
この調査には協力しましたが、どうやって信頼性を担保するのか大変疑問でした。

押し間違いはもちろんのこと、
反政権思想の方々の意図的な誤回答、
客観的事実に基づかない回答など、

不正確な回答を防ぐ措置が全く取られておらず、統計データとしても個別データとしても利用価値ゼロです。

一体何のためのアンケートだったのでしょう?
全体の0.11%…直観的には、新型コロナが流行っているか否かに関わらず、それくらいの比率で発熱している人がいても驚かないですが…平時のデータがないので比較のしようがないですね。仕方ないですが。

とにかく、熱があったら、風邪症状があったら出勤しない、外に出ない。普通の風邪でも人に移したら迷惑なのは変わらない。今なら尚更。

業績