新着Pick
264Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
都内で発熱患者が何十件も断られるケースは一週間前から常態化している。元々キャパシティがギリギリである背景、発熱患者はコロナ院内感染のリスクであるだけでなく他の救急患者(大動脈解離や脳出血など)に比べて報酬が非常に低いことも病院側が敬遠する理由の一つとなっている。

一方で医療業界も他と同様一般患者は激減し、緊急事態宣言中に一時閉院する医院も少なくない。そういった施設の医師、医療従事者を一時的に活用する仕組みを作ることは可能だと思う。

ちなみに、コロナ陽性なら即入院という以前の原則は崩壊しており、呼吸が安定していればCTで肺炎があっても自宅待機となるケースが多いです。
足りないのは重症ベッドです。
これはほぼ知られていないことですが、首都圏の多くの救急救命センターはCovid患者を受け入れてません。このままではいざというとき、近くに大きな病院があるだけでは助かるとはいえない状況です。イタリアのようにならないようにトリアージュを徹底し、重症のみをオールで受け入れるドイツを見習うべきです。

なぜ救急救命なのに?については、うちは感染症指定でないからというのが建前、おそらく本音はそもそも防御のリソース(マスクや防護服)が不足していることと、軽症でもコロナであれば入院必須というルールでセンターが機能しなくなるからです。大学病院の場合は本院に従うという流れも強いと聞いています。COVID19の‬指定感染症としての類型を二類から三類に見直すことは早期に必須ですね。

ps. コロナにまつわる課題の全体観については、先週末にブログでまとめたので、こちらをご覧ください。今週のWeeklyOchiaiでも概略をお話ししたものですがあれだけではよくわからないと思いますので。

https://kaz-ataka.hatenablog.com/entry/2020/04/04/190643
ERは、もともとキャパに問題があった。
そこにコロナが起きたので、当然のごとく破綻しつつある。
当面どうするかは、現場と厚労省に任せるほかないが、
一段落したら、政府には長年の課題(ERに成りてがない、勤務が厳しすぎる→患者のたらい回しが起きる)を解決してこなったことを大いに反省してもらいものだ。(医師会も同罪もかもしれない。)
もともと何か理由をつけては急患をみないところはみませんので、COVID-19が疑われようが疑われまいが「診ない」という選択をする施設は出てきます。

感染症が流行して患者は増えて、当然その他の疾患の患者が減る理由もなく、どこかにそのしわ寄せが向かいます。


そしてそれでも、

COVID19でない患者さんたちに十分な医療を提供し、
COVID19、および、疑い患者にも医療を提供し、
個人防護具が不足している中で自分の健康も守る

そのどれかが崩れると連鎖的に崩壊します。

海外からは既に医療スタッフのburn outの話も聞こえてきていますが、東京の救命センターには非常に高い負荷がかかっているであろうことは想像に難くありません。

受け入れを断っている施設もある中で、その分ずっと限界までがんばってくれている方々もいるはずです。そんなギリギリの医療をこれ以上崩してしまってはいけません。



私も含めて一人一人にできることはわずかです。それでもウイルスがヒトを介して流行するものである以上、その小さなことを積み重ねる以外にコントロールの道はありません。

外出・人との接触の回避、手指衛生を心がけて下さい。



学会からの声明はコチラ
https://jsem.me/news/items/ad4c870a930fdffef24e985602e7b607915c3961.pdf
こうした学会の声明と、医療現場、特に重症患者をぎりぎりまで受け入れている病院の現場の声に乖離があります。指定病院は十分患者を受け入れているのか。酸素吸入装置や人工心肺装置の稼働はどうなっているのか。

こうしたことを、丁寧に調査・分析するメディアの必要性を、逆に、ストレートに言えば、今のメディアの課題を、今回はひしひしと感じています。
ほんの数週間前までトランプ大統領が4月12日のイースターには生活が戻ると言っていたのに現実にはニューヨーク市は昨日だけで800人が亡くなっています。

医療崩壊が起き、公園やスタジアムが医療施設や安置所に変わっている報道を見ていても正直まだ実感が湧きにくいです。

それが日本で起きようとしていることには映画を見ているような、騙されているのではないかというような疑問さえ浮かびます。

このように日本の医療の現場からの関係者の声を伝えていただけると、より自分ごととして感じます。そして救命してくださってありがとうございます。
医療現場は既に深刻なフェーズに入っている。

「脳卒中などの重症患者を救命救急センターが受け入れられない事態」

「けがや新型コロナウイルス感染症ではない病気で搬送された患者で、後に感染がわかる事例も増えている」

とにかく現場の医療スタッフを守ってほしい。
発熱救急外来が出来る施設を指定したほうが良い。安全にスクリーニング出来る環境や陽性時に隔離の手順が確立されてないと病院として受け入れ難いだろう。

もともと人員不足の救急医療でもあったから酷な状況、、
、。
本当の意味のキャパオーバーの手前にプロセスマネジメントの問題が起きているように読めてしまう。経営コンサル会社とかが日本のシステムを丸っと改善できればいいけどなあ。。。
コロナでなんやかんや言われていますが、対応の良し悪しというよりは、改めて、日本の意思決定システム・法律が、世の中の状況が目まぐるしく変わり、迅速な意思決定が求められる現代に合っていない気がする。と言っても、容易に変えられるものでもないので、どうしようもないのかもだけど、