新着Pick
2421Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
まずはやってみる!
徳力さんの言葉はいつも背中を押してくれる気がする。

>では、今後はマーケターにも、高度な動画配信や編集スキルが必要になるのだろうか?
今はスタジオが質素な会議室だったり、配信が安定していないケースも散見されるが、「予算の限られるwithコロナの時期は、質を気にし過ぎるより、とにかく実践して集客やコミュニケーション方法のノウハウを蓄積することが大事だ」と徳力氏は話す。
人気 Picker
コロナ不況により、DX(デジタル・トランスフォーメーション)が進む、とは特集1回目の記事(https://newspicks.com/news/4807640?ref=picked-news_9384)でも触れましたが、それによりSIerのSEの仕事は減るとの予測は意外でした。

なるほど、そういうわけなのか…ということが、本稿の図解でよく理解して頂けると思います。

反対に増えるのは仕事とは、人の善意と既存産業の組み合わせーー。

マーケターの仕事も、お金儲けが透けて見えない、より本質的な経営の代弁者になるとは納得です。

あらゆる仕事が小手先ではなく、本質的な価値を求められる時代になる、ということででょう。
DXは、今まさにコロナ禍で、ますます重要なキーワードです。私はかねてより事業会社のDXが進まないのは、組織の作り方に問題があると思っていました。

日本では、事業会社にエンジニアがほとんどおらず、7割はSIerに在籍している為、外注文化が浸透しています。
逆にアメリカでは、日本のような外注文化がなくエンジニアの7割が事業会社に所属しているので破壊的なDXの事例も生まれてきています。
アフターコロナの時代だけではなく、コロナ禍を乗り越えるためにも、SIerの危機感もそうですが、事業会社のデジタル化に対する意識改革がより求められるでしょう。

このコロナショックが少しでもプラスな方向に転じて、社会にとって革命的なDXを起こす企業が日本から出ることを期待しています。
「変わる」ことを前提に価値を再定義する良いチャンス。

ダーウィンの進化論の通り、このような有事の時にこそ、
変われない会社やビジネスパーソンは生き残れない。

私の父がバブルの煽りを受けて経営危機に瀕したとき、
何よりも変わることの重要性を中学生ながら目の当たりにした。

この記事にあるような前後比較の切り口を意識して、
何が価値になっていきそうかを読み解くことが重要。

あらゆる職種や仕事、企業活動がさらに成長ステップを踏むチャンスであり、変われない(乗り越えられない)場合には淘汰され、新陳代謝が起こる。

とはいえ、飲食業や宿泊業を中心に多くの被害が出る業界へのサポートや支援も欠かせない。

特に上記二つの業界は海外にも誇れる素晴らしい日本の資産であり、
担い手の方々の生活も含めて支えなければいけない。

「待ち」ではなく「変わる」という姿勢と、「変わるための環境整備や仕組みづくり」がセットで重要なのだと思います。
コロナの対応のために、オンライン診療やオンライン教育など、規制緩和が進みました。また業界体質として手を出しにくかった医療、教育、物流など社会課題となっている分野へ挑戦する企業も増えていくのではないかと期待しています。企業のDX内製化にも触れられていますが、ますます人材不足が課題になると思います。人材育成に企業、学校、政府が総力戦で取り組んでいく必要がありますね。

‘’今回の危機で、ユーザーのため、社会のためになる開発とは何かを真剣に考えるエンジニアは増えるでしょう。‘’
直近の課題は、自粛ムードへの対応へ。
リアルイベントとSNSが中心だった集客は、動画配信とSNSへ。
変化するマーケティング上の課題がまとまっています。
もっとも大切なのは、そもそも自社は「どんな価値を提供しようとしているのか」を理解すること、という点が、これまで以上に際立っていくということ。

「炎上のリスクを回避しなければならない一方で、マーケティングで世の中の雰囲気を変えていく。
ブレーキをかけながらアクセルを踏むという、高度なバランス感覚が必要になります。
withコロナの今こそ、マーケターは腕の見せどころです」
エンジニアもマーケッターもコロナ以前、DXにより求められる仕事が変化しましたが、コロナにより変化が倍速化しましたね。
変化の倍速が何倍速になったか、コロナ以前にいた地点、どれだけアナログだったかと、仕事を続け価値を産むことにたいする当事者意識の差のような、、、
教育関連のところは顕著。公立と私立で差がついた。
パタンと終わりになる公立、iPadで新学期始める私立。がんばれ日本!
SIerではなく、AIer / DXerという業態が登場する、というか登場し始めていると思っている。
そもそもSIerという業態が発達してきたのは、システムが複雑で自社で人財と知見を貯めきれないから。それは、システムが全業態においてより重要になり続けている流れのなかでも、多くの企業にとっては変わらないと思っている。というのはエンジニアや専門職にとって魅力的な環境は、その専門性が高められる=業務が多くあり周囲のレベルも高いところ。自社で抱え込めば人数も少ないし知見も広がらない。だから一部のDX/AIを自社の根幹と決めて進める企業以外は、基本的には現在の「システム部とSIer」のような関係がかなり残ると思っている。
とはいえ、変化が極めて速いし、またDXは業務により入り込む必要がある。求められるスキルもプロジェクトの在り方も変わっていく。そのなかでSIerがDXer / AIerに変われるかがポイントだと思うし、年齢層含めて若い企業の方がレガシーなく拡大できる可能性も高く、併せて以前よりフリーランスのPMなどの活用も進むと思う。
エンジニア職は成果物がはっきりとわかるのでリモートワークに適しているお仕事ですね。

企業で仕事をしながらでも自分の興味のある社会分野に副業で関わることもできるし、給与レベルも高いので仕事への満足度が高いのではないでしょうか。

アフターコロナの“新しい世界“でより求められる職であると思います。

自分の子供には学歴のための勉強だけではなく数学とプログラミングと英語をオンラインで学ぶ機会を増やしたいですね。
私事で恐縮ですが、私が主宰するNCB Lab.のキャッシュレス・FinTechセミナーはこれまでリアルで実施してきました。しかし、COVID-19によって急遽動画配信(Webinar)に切り替えました。徳力さんのいうとおり「動画配信のノウハウを必死に覚えている状態」です。

そして動画編集やプロモーションビデオは中島さんが指摘しているように、外部へ委託するのではなく、内製化しています。これで十分できるということがわかりました。

After Coronaでは、これまでとは路線を変えた動きになりそうです。今はその仕込み中というところでしょうか。
"コードを書く量で貢献度を評価されることにも慣れている"
今まで貢献度の可視化が難しいとされていた文系総合職という謎の職種の生産性が明らかになりました。「は?生産性?エンジニア以外可視化難しいよね」とどこか斜に構えた人多かったですが、アウトプットしか見えなくなってしまいましたので、どきっとしている人多いはずですよ。
なんちゃってマーケッターもその一つだと思います
この連載について
仕事が激減し、将来が不安。リモート勤務の孤独によるストレスが増大……etc 新型コロナウイルスの感染拡大は、経済や人々の生活に悪影響を及ぼし始め、仕事の中身や、働き方をも変えた。 しかも、いつ終息するかもわからない。 ウイルスの感染リスクと共に働くことを長期戦で考えなくていけない今。 働く人の給料、仕事の中身や働き方。就活やキャリア形成は、どう変わるのか? 識者とともに、不安を解消する糸口を探る。