新着Pick
6861Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
新型コロナウイルス感染拡大による仕事内容や働き方の変化に、戸惑っている方は多いのではないでしょうか。雇用は保障されるのか、給料は下がらないか、会社都合で休業する場合、手当は出るのかーー。不安を抱えている方も多いと思います。

実際、使用者と雇用者が、手当の支給などをめぐり、争うことになる可能性は増えると予測されます。今、お勤めの業界や会社の先行きに希望が持てず、転職を意識されてる方もいらっしゃるかもしれません。

そこで、本稿では新型コロナウイルスによる雇用への影響の予測や、その対策についてのヒントを提示してゆきます。

また、「日本の社会や働く人の性格を変えるほどのインパクトがある」と語る識者もいるほど大きなパラダイムシフトになるであろう、withコロナ、afterコロナの仕事や働き方について、識者とともに、豊富なグラフィックで解説しています。

明日以降の本特集では、職種ごとのwithコロナ、afterコロナの変化とサバイバル戦略、不安とうまく付き合う方法などについても、ご紹介する予定です。
私はネスレ日本のCEOを退任後、DXを中心としたコンサルタント会社を設立し、スタートアップ企業を含めて7社のクライアントと仕事をしている。デジタルマーケティング企業やスタートアップ企業は、既にこの記事にある7つの大変化が取り込まれている。むしろヤバイのは、古典的な日本の経済団体に名を連ねる大企業だ!低い生産性にやたらに多いホワイトカラー社員。Zoomやハングアウトミートも使えないリモートワークゼロ集団。就業時間に応じた労働賃金制、etc。今回の新型コロナ問題は、日本が新興国モデルからやっと本当の資本主義先進国家へ変換することを後押ししてくれるだろう。
コロナ後。
1. 業界再編は勿論、「業界間ビジネス移転」が進み、社会構造が大変化。
2. テレワークの急速な拡大により、「出勤する仕事」か、「結果を出す仕事」に転換し、ホワイトカラーが大幅削減。
3. ビジネスの人の移動が減り、運輸関係の事業規模が縮小。
4. 在宅時間の増大により、宅配需要が拡大。
など、大きく社会構造が変化し、働き方改革が進まない企業は、人材の採用、効率化に取り残され淘汰される可能性があると思います。
コロナ、頑張って乗り切りましょう❗️
毎回思いますが、特集記事のフォーマットも内容もとても分かりやすいです。

テキストベースの記事から、このようなフォーマットに変化していくと読み手が増える気がします。

7大変化に対しても、専門家やデータを基にしています。

中でもマネジメントの在り方やコミュニケーションの仕方は大きな変化をもたらしますね。

オンライン前提だと必要最低限の会話しかしなくなります。

今まで顔を見たり何気ない会話から読み取っていたメンバーの動向がわかりづらくなる。

意識的に1on1を入れたり、オンライン飲み会を企画したり、テキストメッセージで相手を鼓舞するテクニックを交えたりなど、これまで対面のリアルに支えられていたことを、オンラインに置き換えても水準を下げない、むしろ上げる工夫が会社の仕組みやマネジメント層一人ひとりに求められます。

また、印鑑文化などリアルに依存する文化も、デジタル化がより進む機会だと思います。
リモートワークの急激な拡大により、今まで以上に新しい価値を出すために工夫しながら働き続ける人と、半ば休みの日のような感覚で仕事に向かう人とで二極化している印象があります。
たしかに役割やタスクやゴールをより明確にしていかないと、“何もしないで家で待機する”人が増えてしまいそうです。
マネジメント側も今までのやり方に固執せず(むしろそれまでの成功体験を捨てて)、目標設定の仕方、指示の仕方、コミュニケーションのとり方、評価の仕方など全てを変えていかないといけないですね。
7つの変化がおこるとのことですが、コロナの影響などあまり関係ない気がします。グロービスとかではほぼ全てを既に実施していて、唯一コロナの影響で変わったのは5かな。

1.メンバーシップ型からジョブ型へ
2.プロセスから達成度へ
3.デジタル化やロボット化が加速
4.仕事ができる人の定義が変わる
5.大胆なリモートワークシフト
6.マルチリレーションへ
7.変化に対応できる者が残る
ある意味皮肉な話ですが、働き方改革というよりも、働かない革命が起きるのではないでしょうか。

ものすごい勢いで中銀がお金を市中に出しているので、雇用喪失し今日の食事にも困る層がいると同時に大量のお金を手に入れる層も現れます。
そして巨額な財政出動をした後は巨額な増税があるのは当然です。裕福な企業や個人には大増税が待っています。

ポストコロナは各国政府は感染を抑止しながら所得や資産の偏在をどのように直すのかが大きなテーマとなります。

企業と個人からの徴税管理が厳密化されるとともに、ベージックインカムのような弱者保護がまず先にキリスト教圏で行われるでしょう。
そして働いても重税なので働かないという選択がより現実に注目されていくと思います。
またこのメリットを受けるのは国民である必要があるので、一層の国境管理、移住の制限、デジタルでの国民監視が進むでしょう。

日本では先にBIを導入した国の状況を見た上で独自の日本版BIを提供するのではないかと予想しています。
とてもわかりやすくまとまっている記事。
この時期にとてもありがたい。

社会との接続が変化するこの局面で働き方 マネジメントの改革は必至。これまでに染み付いた日本的村社会マネジメントからジョブ型マネジメントに移行できるか。

一番変化が求められているのはマネジメント層である。

また日本的終身雇用の中で「教えてもらう」「マニュアル化」になれてしまった層の自主的な学びやネットワーキングをどう構築していくか。
未来志向の仕事へのさらなる変化。

「個」の力を高めてそれをどこまで連携させていくのかが問われる。
コロナに伴うリモートの強制的導入により、これまでの仕事の無駄があぶり出されるでしょう。
これにともない、移動や印鑑等に関わる仕事の需要は元に戻らないでしょうし、とりあえず会社に来るだけであまり仕事してない人達も淘汰されるようになるでしょう。
同期は新卒2年目3年目だったりしますが、オンライン化が進んでなかったり、オンラインに慣れてない上司だったり…
同期たちも、いろいろな壁があるみたい。
その中で、どう成長するか悩んだり、リモートでサボりやすくなってる印象。

いろいろな変化は起きてほしいし、変化を楽しみたいですが、自分で学ぶ人と学ばない人の差が増えていくと感じます。
この連載について
仕事が激減し、将来が不安。リモート勤務の孤独によるストレスが増大……etc 新型コロナウイルスの感染拡大は、経済や人々の生活に悪影響を及ぼし始め、仕事の中身や、働き方をも変えた。 しかも、いつ終息するかもわからない。 ウイルスの感染リスクと共に働くことを長期戦で考えなくていけない今。 働く人の給料、仕事の中身や働き方。就活やキャリア形成は、どう変わるのか? 識者とともに、不安を解消する糸口を探る。