新着Pick
309Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
給付制度について様々な案があった中で、オペレーション上は「気が遠くなるような困難な作業(高市大臣、個人ブログのコメント)」となりましたが、必要な方に迅速に給付する、というのがこの制度のミッションになります。

減収について申告を受け、審査を行い、短期間で1000万以上の世帯に給付するということが出来るのか。実施主体となる市区町村からは、「国は何を考えているのか」「どうやって実施するのか想像がつかない」と言った声を聞いています。

「不正し放題」という声もいろんなところから聞こえてきます。

同時に「こうしたらいいのではないか」という声を、市区町村やIT企業、NPO、シンクタンク等からいただいています。

精神的、社会的に厳しい状況にある方に、どのように制度についての情報を届けるのか。対面にリスクがある中で、オンラインをどのように最大限活用できるのか。それは誰もが使えるものなのか。不正を防ぐための審査と迅速な給付のバランスをどのように設計・実施するのか。

こうした正解のない問いに、頼りになる提案をもらっています。いくつか課題をクリアする必要はありますが、この数日の間に、大部分の申請をスマホで完結させるしくみも見えてきました。その実装のために、民間の人材も参加するオンライン申請の特別チームを立ち上げました。今できることはやりきりたいと思っています。

その上で、デジタルインフラについての課題が、改めて浮き彫りになっています。デジタルIDやeKYC、官民のデータ連携などです。身分証のコピーや券面を見せるのは、本人確認として機能しなくなりつつあります。では、安心して低コストで使えるeKYCはどうあるべきなのか。官民のデータが連携していれば、コストをかけてバラバラに生存確認しなくてもよいのに、官民データで氏名のカナ表記ですら連携しないのを、そろそろなんとかできないか。

こうした地味ですが、インフラの部分をきちんと整備しないと、テクノロジーをフルに活用することはできません。こうした中期的なことも、この先、問題提起できればと思っています。
少しは改善されたと思います。行政の窓口も業務が減り、助かると思います。ただ、この制度設計にある「煩雑さ」と「遅さ」という根本的な欠陥はそのままです。厚労大臣として新型インフルエンザの対応にあたった舛添要一・元都知事は所得制限なしで全国民に1人10万円の支給を主張してぃます。「記名式の小切手を、マスクと一緒に国民に郵送すればすぐにできます。その小切手を金融機関に持って行って、自分の口座に振り込んでもらえばOKです。『金持ちに配る必要はない』という意見もありますが、お金に余裕がある人はもらった10万円を寄付すればいい」。次の一手は、このぐらい簡便で迅速なものにすべきだと思います。

https://mainichi.jp/articles/20200409/dde/012/040/019000c
世帯主の収入が住民税非課税水準まで下がる、あるいは半分以下に落ちて住民税非課税ラインの2倍以下になる、という当初の給付条件を根本的に変えるということでなく、市町村ごとに異なる非課税ラインでは分かりにくいから、単身なら、夫婦と子供一人なら、といった形で足切りラインを揃えようという話です。
共働きが一般的になった時代に世帯主が基準で良いのか、といった突込みどころは残りますが、ともかく簡素化して事務負担を軽減し、一刻も早く届けるのは良いことだと思います。
給付についての断片的な情報、もちろん決まったところから早く情報提供することも重要ではありますが、一日も早く支援を手にしたい対象者のことを考えれば、詳しい申請方法、給付の時期含めた「全体像」をとにかく早く示すことが必要だと思います。首相官邸の支援策のページには、未だに「制度の詳細や申請方法などは、決まり次第お知らせします」としか情報がありません。
想定している1300万世帯に30万ずつ配るためにこんな面倒な手間かけるくらいなら、1億人に10万ずつ配ればいいとしか思えない。4兆も10兆も変わんないよ。でもって、高所得者や余裕のある人には政府のクラファンサイトで配布金を拠出できるようにしたり、追加の寄付を受け付けるようにしたらいい。こういう時だから所得の再分配の可視化をすべきだと思うんだよな。
これまでの公共事業のように、予算だけ計上されて、全部は消化できないような気がします。
一律給付にして、非課税にせず課税にすれば、年末調整や確定申告で回収できるはずだと思うんだが。手続きを複雑化して、簡略化しないのはなんでだろう?
立て続けにいろんな政策が出てきた。行政の方々は、水面下で、オンラインで、様々な施策を打ち出すストレスはハンパじゃないでしょう。孫さんのTwitterのようにうまく対話しながら打ち手を出していくといいのにな、と思います
月収基準は下記の通り
扶養親族等なし(単身世帯) 10万円
扶養親族等1人 15万円
扶養親族等2人 20万円
扶養親族等3人 25万円
https://www.soumu.go.jp/menu_seisaku/gyoumukanri_sonota/covid-19/kyufukin.html
旅行券や牛肉券とかで時間ロスした感はありますが、いよいよ動き出しですね。遅れを取り戻すべく、簡潔な手続き、迅速な対応を期待します。