新着Pick
257Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
ANAに縫製技術をもつ部隊があるのかとおもいきや、
ない、けどやる。職種なんて関係ない、人手がいる産業に手を貸す、
その意思決定もそこに従う従業員も素晴らしい。
きっと目の前のジョブが何かを超えた存在意義。ミッションベースの団結があるのでしょう。
JALが破綻した時、世界中の主要空港カウンターで、日本の航空会社が虐げられていました。使えるスペースや発着の微妙な順番など…リピーターで、関心を持って観察していないと気がつかない所かもしれませんが。

だから、JALが破綻した時、ANAは漁夫の利を得ただけではないんです。世界中で、JALが撤退した後などを開拓していったのは大変なことも多かったと思います。

ここ数年、サービスが低下したな…と正直感じていました。だから、SQやタイ航空、スカンジナビア航空にシフトしていました。
けれども、やっぱりANAに乗ろうと今は思っています。

過去に債務減免をうけたJALと違い、資金繰りはかなり苦しいはず。
この縫製申出も立派だなと思う反面、本当に大変なんだな…と
でも、きっと意地でも破綻を避けようとしているのでしょう。
その心意気、ANAファンはサポートしてくれると思います。
共同で研究している企業から,業種を問わず次のような問い合わせが来るようになっている.
As we cope with the crisis, are there any best practices that you would like to share, so that we can learn from each other.
Is there any specific research that can be used to address the crisis?
「航空便の運休などの影響で業務量が減っている社員を中心にメーカーの縫製業務の支援を申し出ました。
今後、専門的な技能がなくても請け負える業務があるかメーカー側と調整したいとしています。」
の文章が読めない人がtwitter界隈で大量にあぶり出されてましたね。この状況でのリソース配分として的確だと思います。また、服飾関係の方で縫製そのものの技術に秀でた方は多いでしょうが作業をイメージすると検針、滅菌、入数のチェックなどの間違いが許されない業務も多いでしょう。その辺りはむしろマニュアルに沿って厳格に安全管理することに慣れたANAの方々は戦力になることと思います。同じ会社の人間という感覚を持って様々な現場に散り、それぞれの課題感を横で共有して改善していったりというのも期待できますし、同様に百人千人単位で稼働待機が出てしまってる大企業がその他の業務の支援を申し出る流れを作るという点でも素晴らしい取り組みです。
経営陣の柔軟な発想に敬意を表します。

余っているところが不足しているところを補うという、当たり前の発想が「縦割り社会」ではなかなかできないことですよね~。

当然、JALも追随するんでしょうね。
会社更生法申請で株主等に大きな迷惑をかけたのですから、当然の事だと思うのですが・・・。

それとも、いまだに親方日の丸気分で組合が反対する???
足りないものを、何でやればよい。

アフター・コロナウイルス(AC)時代は、何でも総合多角化、新百姓の時代
<BC時代は選択と集中、水平分業>

日本企業のモノづくり力、日本人なら、何でもやれる多能ワーク
先日は西村大臣が仕事が休業となった客室乗務員の方々にマスクを作ってもらうという提案をしていたが、全日空は医療用ガウンの縫製を申し出たとのこと。
シリコンバレーの水素電池メーカーが、こわれた人工呼吸器の修理に手を挙げたのも、「スキルはなく、エンジニアがマニュアルをダウンロードして一夜漬けで勉強した」というものでした。

戦時中か、というツイートも見受けられましたが、「なんとか仕事を取ってくる努力」ということなのですね。頑張ってほしいです。私も、早く日本行きの飛行機に乗れる日がやってきてほしいです。
これはおかしい。
昔の勤労奉仕の悪夢の再来か?

従業員を、ボランティアまがいの業務に動員することに強く反対する。

本来の業務でないから、勤務時間外での作業となり、会社による給与支給の根拠がない。なぜなら、会社は何ら対価を得ていないからだ。

強制的な動員であれば、労働基準法違反のおそれがあり、会社の不当労働行為となる。雇用契約違反でもある。

このような会社の行為こそ、同調圧力の典型で、また会社による公私混同だ。

善意であるからといって、社会規範を破っていいことにはならない!

第一次世界大戦中に「戦時国債発行」によって民主勢力が分断された状況と酷似している。昔の「戦時国際発行」が、現在の「医療用ガウンの縫製」だ。

支援を望むなら、ANAは、必要な資金を縫製企業に寄付すれはすむことで、仕事がないからといって自社の従業員を資金の代わりに提供してはならない。
ANAの経営者は間違っている。
縫製業務。私のような不器用な人にとってはすぐにできるとは到底思えませんが、人手が足りず困っているところに人員を配置することは良いことだと思います。
必要とされているところは縫製以外にもたくさんありそうです。
ANAホールディングス株式会社(エイエヌエイホールディングス、英語: ANA HOLDINGS INC.、略称: ANAHD)は、東京都港区に所在する日本の会社で、航空輸送事業を主力とするANAグループの持株会社である。 ウィキペディア
時価総額
8,394 億円

業績