新着Pick
21Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
陰謀論や楽観論ではなく、この予測は100年前のスペイン風邪に基づいているのかもしれません。スペイン風邪は100年前の1918年9月に起きたもので、世界人口が約20億人の時に、約5億人が感染し、約1億人死亡。
日本でも当時人口が約5500万人の時に約39万人死亡。
そして、興味深いのはスペイン風邪の第一波はスペインではなくアメリカのデトロイトで1918年9月に始まり、世界的に蔓延する第二波は、1919年3月に始まりました。
そして第三波は1920年9月から1921年3月に終息しました。
今回の新型コロナウイルスは、中国の武漢で始まったのが中国政府の隠蔽期間を考えると、2019年9月から始まり、欧州や米国など世界的に蔓延したのが2020年3月と、今のところは同じ軌跡を辿っています。
これからどこまで短縮できるかは、医療やサイエンス、テクノロジーや民度にかかっていますが、世界人口は当時と比べて約4倍の80億人、しかもグローバル社会で移動も劇的に増えたことを考えると、やはり完全終息にはこの見立ての通り来年の春までが妥当と思います。今回の件で、人や国の"在り方"が浮き彫りになり、人類は新たな世界を迎えるでしょう。と、ちょっと陰謀論風になりましたが、心身の健康を整えて必ず生き残り、新たな世界を楽しみましょう!最後は楽観論。

業績