新着Pick
542Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
「ワクチン開発には少なくとも1年半はかかる」とビル・ゲイツ氏が予測した。ワクチンや治療法が確立するまで経済活動は影響を受けるとも指摘している。もはや私たちはじっと我慢しているだけではダメで、この1年半で私たちの価値観は全く変わってしまう。そして企業として事業転換を、個人として職の転換を考える必要に迫られてくるでしょう。企業はデジタル化を前提とした事業転換にシフト、個人は集まって仕事をする労働集約型の仕事から個人能力を明確化した能力分散型の仕事へと変わっていくだろう。立ち止まることなく対処できた企業・個人が生き残っていくと思います。
どんなにテクノロジーが進歩しても、現状でワクチン開発までの時間を短縮できる近道はありません。

それは、ワクチンの何よりの律速段階が、ワクチン開発でも増産体制でも流通でもなく、臨床試験にこそあるからです。

例えば、接種して半年後までワクチンが有効か、安全かを確認するには、臨床試験で接種を行ってから半年間待つしかありません。特に、類似のSARSの際、ワクチンを接種したマウスでより肺炎が悪化したとする報告もあるだけに、人の命がかかっており慎重な評価が求められるのはなおのことです。
ワクチンの実用化に最短で1年半かかるだろう、という見通しはその通りで、
いくら資金投入しても、治験に必要な期間を縮めることはできません。

もちろん、ワクチンが開発される前に感染を収束させることができる可能性もありますが、
そうならず長期戦となるケースも各自想定しておかねばです。
ゲイツは大局観に立っている点がポイントだと思う。

本件初期から、もっと言えば5年前の奇跡のTEDスピーチの時から彼が見ている景色は世界全体、もっと言えば新興国での蔓延回避、これによる先進国でのリバウンド回避である。

2009新型インフル含めて過去の疫病はワクチン奪い合いの歴史でもあった。ワクチンは一夜にしてコモディタイズしない、量が限られる。ゆえに実用化初期は主要国が優先され新興国は劣後する。よって実用化したとて新興国に行き渡るまでがおそらく早くて1.5年、と言っているのだろう。

実用化初期に至るまではもう少し早いと目されている。コンピューティングテクノロジーの進展は人類の寿命とGDPを指数関数的に飛躍させてきたが、それは調薬調合の仮説検証の機械処理速度の向上ゆえである。
それをコモディタイズしたPCの生みの親の一人であるゲイツがワクチンに勤しんでいる事は興味深いが、そのレベルで熟知しているからこそとも言える。

ただし、治療薬はそれよりやや早いとされる。
罹患>重篤化>死亡に至る各ファネルごとに、初期で効くと目されるアビガンは間近、後期向け複数の薬も臨床進行中とされている。
ワクチン開発になぜそれほどの時間がかかるのでしょうか?
新型コロナウイルス に対するワクチンは"大量の健康な人"に投与することになります。したがって効果はもちろんのこと安全性との両立を臨床試験によってより入念に証明しなければならないからです。

ビル・ゲイツの複数のインタビューを拝見すると、mRNAワクチンに対する期待感が強いようです。通常多くのワクチンはウイルスを鶏の卵に感染させて増幅した後に失活させたものや、合成したタンパク質を免疫源とすることが多いです。しかし、これらの準備自体に多くの時間がかかる上に、新型コロナウイルス で同じシステムを立ち上げるには膨大な条件検討が必要になります。

一方でmRNAワクチンは、ウイルスタンパク質の設計図自体を私たちの体に打ち込み、ウイルスタンパク質を私たちの体内で作らせるシステムです。mRNAは人工合成する系が充分に整っているため、最短の時間で臨床試験に入ることが期待できます。しかし、それをもってしても最短の見込みが1年半なのです。
ワクチンの臨床開発部署で8年働いています。8年いて、リードプログラムでさえやっとPh1からPh3、現在申請に向けての書類準備に大忙し。ワクチンはBiologicsなので、生産工程も通常の薬の生産よりも複雑で、品質管理が大変です=お金と時間がかかる。臨床試験では特にPh3では、安全性と効果を計り証明するために莫大な人数の健康なボランティアが必要。健康なボランティアを集めるのも時間がかかります。1年半でマーケットに出せたらホントすごい....。1年半後にどうなるか興味深いです。
感染症を終息させるには、ワクチンが必須。しかしそのワクチン製造に1年半かかるとゲイツ氏。

ワクチンができるまで「政府は魔法のつえを使えない」とし、経済がすぐに感染拡大前に戻ると考えるべきではないとCNBCに述べました。

どんな金融政策をとっても、ワクチンができ、それがいきわたるまでは効果がない。つまり、1年半以上、経済は失速し、株価はさらに下落する。そうゲイツ氏は読んでいるのでしょう。厳しい!
ワクチンに1年半…というのはワクチン開発とある程度の量産に至るまでが「うまくいった場合」の目算。
実際にはもっとかかる可能性もあると思っておいた方が良いと思う。
一度押さえ込んだと思っても何かの拍子に再流行の可能性もあるだろうし、ワクチンか治療薬の開発がなされるまで細心の注意を払いながらの生活を余儀なくされる。

この事態が長期化するのであれば「耐える)のではなく「適応する」方向での構造変化が必要となってくる。

少なくともテレワーク中なのに「押印のために)出勤しなくてはならないとか、そういう状態からは脱していかないとならないと思う。
CNBCのインタビューはこちらからご覧いただけます。
"Watch CNBC’s full interview with Microsoft co-founder Bill Gates on the coronavirus pandemic and his work toward a vaccine"
https://cnb.cx/3aW1yUY

「新型コロナウイルスのワクチンが実用化されるまで少なくとも1年半かかる」
ワクチン開発などに資金を拠出しているビルゲイツ氏の言葉。
経済への影響はすでに大きくなっていますが、この状況がどこまで続くのか。
マイクロソフト(英語: Microsoft Corporation)は、アメリカ合衆国ワシントン州に本社を置く、ソフトウェアを開発、販売する会社である。1975年にビル・ゲイツとポール・アレンによって創業された。1985年にパソコン用OSのWindowsを開発。1990年にWindows向けのオフィスソフトとしてMicrosoft Officeを販売。 ウィキペディア
時価総額
284 兆円

業績