新着Pick

ノイズを立てよ。 女性が主役の人生を生きるためには…上野千鶴子さんインタビュー

Business Insider Japan
MASHING UPカンファレンスvol.3で2つのセッションに登壇し、現代日本社会の風潮に鋭く斬り込んだのは、社会学者の上野千鶴子さんです。 たとえば、すっかり定着した「女性活躍」や「ダイバーシティ」という言葉について、 女性活躍は聞いたとたん「気持ち悪い」って思う。「女性」を「男性」に置き...
15Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
先日、講演の打ち合わせの中で、女性の起業について「起業はお母さんのわがままと思われたくない」という意見が登壇者の一人から出た。
妊娠していても、子育て中でも、自分自身が「人生の主役になること」は決してわがままではなくて、当然のことだと信じていい。自分の人生の舵を切れるのは、夫でも、子どもでも、会社でも、家族でもなく自分自身しかいないのだから。
一方、経営者としても、女性のライフイベントをいつも歓迎できるトップでありたい。一人の従業員が出産と子育てを経てこの春に復職する。時短勤務、子どもの病気などの緊急時にいつでも家族を助けられるような「最適な働き方」を一緒に模索したいと思う。
経営者や管理職を説得する論理は「女使うと、儲かりまっせ」です。女性を活用した方が効率も、生産性も、利益率もあがるということは、ありとあらゆるデータからわかっています。「女性を使わないことで、あなたはこんなにソンしていますよ」というのは、説得理由になるでしょう。
→データが当てはまる企業や業種であれば、腹落ちしやすいでしょう。
上野さんのインタビュー内容は良いのですが、表題の「主役」がどうというのは、上下つけてるみたいで、結局何なんって思いますw