新着Pick
30Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
メガバンクについては海外業務もやっているので仮に国内需要がなくても海外で投融資を展開できる。一方で海外だとドル建ての案件となってくるがドルの流動制プレミアムを考えると新興国をやっていかないと入っていける案件自体が少なくなっている。
また、資本規制の本来の目的やリーマンショックやコロナショックに耐えられる様に最低限の体力を確保しておくことだが、規制の緩和の前にまずは今回のコロナショックの影響を見極めた方が良いだろ。
貸し倒れリスクの低い貸出を促進するなら、こうしたレバレッジ規制の緩和でもいいのかもしれませんが、今回増やしたいのは、かなりリスクが高い支援融資です。これらを銀行求めるには、100%の保証スキームを拡充し、貸し倒れを補填する必要があるのではと思います。

また、必要規制の緩和が「一時的」では、短期資金しか出せないのではと思います。銀行からすると中長期貸出を実行してしまった後でハシゴを外されるのでは、という不安がつきまとうので…

さらに、銀行が評価されているのは、日本の当局だけではなく、BISなどの国際機関であり、格付会社です。足下ではフィッチが銀行の格付を一部格下げしました。BIS等国際機関とは連携を進めていると推測しますが、それ以外の様々な評価機関とも連携しないと、実効性は高まらないのではと思います。
記事では米国FRBのレバレッジ比率規制の緩和措置で、金融市場の流動性確保を紹介。これとは別に、既にバーゼルIIIの最終化とマーケットリスク規制実施時期の1年間延期をバーゼル委が決定済み(バーゼルIII最終化は2023年3月期から実施予定)。

バーゼルⅢ完全施行の時期はともかくとして、リーマンショックの反省で資本の量と質、流動性リスク運営などの要求水準を高めたのは今から思えば幸いだった。以前の世界の多くの銀行の体力で今次危機を迎えてたら、より悲惨な状況となっていただろう。
「新型コロナの影響で借り入れ需要が増加しているが、貸し倒れリスクもある」
現場では日々多くの相談があることと思います。リスクの見極めも平時より難しくなっていると思います。
銀行にリスクテークを求めるのは無理だよ。