[香港 8日 ロイター] - 中国国務院(内閣に相当)の金融安定委員会は8日、新型コロナウイルスのパンデミック(世界的流行)によって大きな打撃を受けた中小企業や民間企業による資金調達を支援すると発表した。

また資本市場での不正行為を取り締まる一方、経済発展の妨げとなりかねない規制の緩和や撤廃を行うと表明。「新型コロナ流行の効果的な抑制と経済発展の安定化を継続する必要がある」とした。