[ワシントン 8日 ロイター] - 米野党民主党のバーニー・サンダース上院議員(78)が8日、今年の米大統領選に向けた同党の大統領候補指名争いから撤退すると表明した。

サンダース氏の撤退により、中道派のジョー・バイデン前副大統領(77)が民主党候補の指名を獲得することが確実となり、11月3日の本選では再選を目指す共和党のトランプ大統領(73)と対決する見通しだ。

サンダース氏はライブ配信の演説で「(指名争いで)勝利するのは事実上不可能」とし、「選挙運動を中止する」と表明した。

急進左派のサンダース氏はリベラル色の強い政策を掲げ、指名争いでは首位に立つ時期もあった。しかし、新型コロナウイルス感染拡大に伴い選挙戦への国民の関心が薄れ、選挙キャンペーンや集会が中止となる中、サンダース氏が有権者にアピールする道はほぼ閉ざされた状況となっていた。

トランプ大統領はツイッターへの投稿で「民主党と米民主党全国委員会(DNC)が望んでいた結果となった。いんちきヒラリーの失態と同じ状況だ。バーニー(サンダース)支持派は共和党にシフトすべきだ!」と述べた。

*内容を追加しました。