新着Pick
9Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
ブラジルは、中国のマスク外交に乗ったということです。中国は、ブラジルに対して、中国に感謝させ、中国を救世主として扱い、国際社会の中で他の問題についても中国を支持するよう圧力をかけるかもしれません。
中国が、自国で生産するマスクの輸出を事実上制限して共産党がそれを蓄え、さらに外国からも輸入して、世界にマスクが故意に行き渡らないような状況を作り出そうとしていても、現にコロナウイルスと戦っている国々は背に腹は代えられないということでしょう。
ただ、もし中国が本当に、自らが作り出した他国の困難な状況を利用して、危機と戦う国々に対して、援助と引き換えに中国支持を要求するのだとしたら、援助を受ける国々は短期的には中国支持を表明するかもしれませんが、コロナウイルスとの戦いが終わった時に、中国に対して不信感を露わにする国が出てくる可能性もあります。
中国、国家発展改革委員会のデータによれば、2月29日のマスク生産能力は、1億1千万個に達し、3月30日時点では、75943社のマスク生産企業、1103社のメルトブルーン生地企業、9984社の防護服企業があるそうだ。それぞれ、2019年の同時期と比較し、1821%、3178%、1909%の急成長となった。
マスク輸出には、米国ではFDA認定が、欧州ではCE認定が必要だ。さらに、4月1日から、コロナウィルス検出試薬、医療用マスク、医療用防護服、人口呼吸器、赤外線温度計を輸出する企業は、中国の医療機器製品の登録証明書を取得しており、輸入国の品質基準を充たしていることが宣言されている。