新着Pick
628Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
原文見ましたが、確かに15社くらいは破産するかもしれないと言及しています。輸血するより良いものを選ぶのは当然かもしれません。ただし、生かすべきものの選択眼とそれらに対する資金面を含めた総合的な経営資源を投下する支援力も問われますね。
 と言いつつ、本質論として新興企業と言っても成長初期ではない有名どころへの投資を重ねてきたVFが企業数でこの勝率と言うのは、コロナショックと言う外性要因で片付けられるのか。投資先のガバナンス管理、投資先へのストレステストの定期的な実施とコンティンジェンシープランの作成、資本市場とのより綿密なコミュニケーション、派遣できる人材プールの確保、ファンドマネージャーに対する管理と信賞必罰の強化、群企業とARM・SBKK・BABA・Sprintとのシナジー追求など、運営のあり方についてどう変貌するのか、注目しています。

PS
蛯原さんのコメントみて思ったのは
Fake it, till you fail it.
もちろんSBGがそうなって欲しくはありません。
数日前に英語版を友人から回覧されて読んでいたが、しっかりした記事で紙の雑誌に掲載されるよう、おそらく本当なのでしょう。

15/88=17% ちょっと多いです。プロなら全員そう言うはずの数字。

失敗や損失ではない、bankruptにて全損です。
しかも変形ではあるがSVFは基本グロース投資、レイトステージの会社への投資でその比率は異常です。

異常の理由はもちろんCovidもひとつ、ただ誰の目にもそれだけではないでしょう。
それでも帳尻は合うと言っている。見ものです。現時点では誰が論評しようが第三者にとっては憶測に過ぎないものの、当事者たちですら正直半信半疑ではなかろうか。シリコンバレーでよく言われる

Fake it, till you make it

この皮肉を想起する。
【注意:私はSVFの出資企業OYOの関連会社OYOLIFEのCEOから退任しています。以下は個人の意見です】

SVFは群戦略を掲げて87社出資しています。それぞれがアリババのように成功すればそれに越した事はありませんが全てが成功するということはあり得ません。ポートフォリオを組むのはリスクを分散させるためです。何でもかんでも欲しいものを買っているわけではないでしょう。

コロナショック のような事態が起きることは想定されていたかはわかりませんが通常でも投資先のいくつかは破綻することは考えての投資だと考えます。

今世界中の企業と同じようにSVFの投資先企業は今必死で生き残りのためにの方策を実行しています。SVF投資企業に様々な理由でネガティブかつ辛辣な意見を述べる方もいらっしゃいますが何十万人もの従業員がこれらの企業に雇用され生活しています。同じ経済に携わるものとして声だけでも応援もお願いできれば嬉しいです。

フォーブスの原文はこちら
https://www.forbes.com/sites/alexkonrad/2020/04/05/exclusive-interview-masayoshi-son-talks-wework-vision-fund-softbank/#2d0d31797f41
ユニコーンになってからの投資で88社中15社が破産って… ビジョンファンドの4割は7%金利の優先回収なの毎年2,800億円の支払いが乗じる。WeWorkやOyoのような不動産系やライドシェア系は当面相当苦しいだろうし、今回はかなりピンチだと思うな…
損失の大きさとか投資先の破綻数ではなく、そこに至るまでに、投資家に対する善管注意義務・忠実義務を果たしたかどうかが重要です。その点に瑕疵があると、サウジほかの投資家からの訴訟を受けるリスクがあります。その観点から言えば、当初から僕が指摘していたように、SBGとSVFの利益相反が大き過ぎて、言い逃れは難しい印象を受ける。
詳しくは→https://newspicks.com/news/4616304/

SVFは、もともとVC運営のトラックレコードがない孫さんが実質キーマンのファンドであり、そもそも投資家のDDには(普通は)耐えられないファンドだったのです。
たとえ思ったとしても言っちゃダメなことってあるんだけどな…
投資家は、そして、それがVCならなおのこと、ビジネスだけではなく起業家に投資をしているわけで、資金を追加投入しなかったとしても、基本は、いつの時も信じて励まして応援するもの。
前職のPEの代表が言っていたことを思い出しました。
こうしたことは、投資ファンドとはいえ、公に言うべきことなのでしょうか…投資されている会社や、そのカウンターパーティにすれば、主要株主が「何かあっても支援しない、潰すかもしれない」と公言しているわけで…

業績が厳しい先は、関係者にはもちろんわかるでしょう。従業員や取引先などは、中長期的なコミットメントがしにくくなりそうな気がしますが… いずれにしても、極めて異例では…
It's a wee loss for Softbank...😏

蛯原さんもメンションしてる元記事長いけど面白い。総じてサイズ、将来性、マーケットリーダーxAI、大丈夫だ、と。
https://www.forbes.com/sites/alexkonrad/2020/04/05/exclusive-interview-masayoshi-son-talks-wework-vision-fund-softbank/amp/
今の時期に発表する意図が不明です。

投資加藤の不安を鎮めるために「せいぜい15社」だという意図なのか、透明性を確保して早々に膿だしをするために「15社は破産する覚悟がある」という意図なのか・・・。

88社のうちの15社が破産しても、ファンドの運営には問題はありません。

ただ、パフォーマンスが著しく低下するだけです(^_^;)
コロナに限らずVFの投資方針(キャッシュを放り込み10倍早く成長させる)はそもそもワークしないビジネスが多いと感じていました。ドラッカーの有名な言葉に「企業文化は戦略に勝る
(culture eats strategy for breakfast)」というものがありますが、VFの投資を受けている企業は中の人の情報を聞いても、企業としての一体感が育っていないように見えます。そういう時、今回のような危機的な状況を乗り越えるための企業の底力が発揮できなくなるのではと感じました。
ソフトバンクグループ株式会社(英文社名: SoftBank Group Corp.)は、日本の携帯電話等の電気通信事業者やインターネット関連会社等を傘下に置く持株会社。日経平均株価及びTOPIX Core30の構成銘柄の一つ。 ウィキペディア
時価総額
9.9 兆円

業績