新着Pick
519Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
自分は自分、人とは比べない。

そして、自分の虚像を追いかけない。

人と比較することで自分の価値を考えない。人と同じ尺度で測るなんてつまらない。

自分の中にある可能性を発見する方がはるかに楽しい。人と違うから面白い。

変な意識の高さで、無駄にかけ離れた自分の姿を追い求め、こんなはずじゃないと自分を否定的に考えるのもやめる。

得意なことも苦手なこともある、良いところも悪いところもある。なんでもあり、それでいい。

自分を受け入れれば、人生はどんどん充実しますよ。
自己肯定感の低さの原因は色々 論じられている。「ダメな自分を認めてから、逆に自尊感が向上した。」という考え方も興味深い。
まず自分を客観的にみてみよう。
どれだけ理想と離れているのか? それをどうとらえるのか? 考えてみたい。
これは賛否両論あると思います。
私自身、自己肯定感が低い人ほど自身を過大評価していると言うのは、少し懐疑的な見方をしています。

確かに、周りを見てもこのような人いますが、数としてはあまり多くなく、寧ろ自身をそれなりの評価している人が大多数のような印象です。

横山さんもコメントされていますが、
「ありのままの今の姿を認め、愛しなさい。」
というのは共感です!
自分の弱い部分やネガティブな感情も認めてあげると、周りの人の弱さも「こいう部分もあるよね」認められるようになります。

私って行動力あるけど、深く考えるのは苦手なんだよね。というように、自分の個性を知っていると、周りと比べて落ち込むこともなくなりますね。
こういう感情って面白いですね。
記事の趣旨とは違うと思いますが、シャーデンフロイデっていう他人を引き摺り下ろす感情の本質に似ているなと思いました。妬みの感情が外に向くと不平等感で、内に向くと劣等感を感じるということでしょうね。

社会学説的には不当に利益を得る個を叩くのは社会全体としてはメリットがあり、シャーデンフロイデが無い集団はすぐに崩壊するとありました。
不平等感も劣等感も個人の感情だけども、その感情を抱くということ自体は(理にかなっている?)って考えると、一人で悩まなくてもいいのかな〜ー
とても興味深い記事ですが、少し翻訳の仕方・日本語のチョイスが難しい内容なのかもしれませんね。
個人的には『自身を過大評価している人は、自身への期待値が高いから傷つきやすい』と分析しています。
等身大の自分を客観的に見ることができれば、失敗の原因も理解しやすいし、自己啓発や仲間への協力依頼も的確にできるようになる。
先ずは等身大の自分を受け入れる、という部分は一緒ですが、私自身はそう解釈しています。
「自尊感が低い人たちは、自身を過大評価し、素晴らしい人間だという幻想を持っている。この幻想と現実のギャップが大きいほど、悩みも大きくなる」
なるほど。。でも自己肯定感について意識している(自己肯定感が低いと嘆いているから)ということは確かに自分に対する評価も期待も高いのかも知れませんね。

「ダメな自分を認めてから、逆に自尊感が向上した」
素直に今の自分を受けて入れてみる。いいのかも知れません。
この記事を読んだ後、何かスッキリした感じ!?