新着Pick
308Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
安倍さんは、「“緊急事態宣言は主権を制限するからダメだ”という議論をしていましたよね。」と。メディアへやんわりクギを刺してますね。

思い出すのは、
毎日新聞社他、「緊急事態宣言をするなら、退陣を掛けて行うのか」などと、総理の首を掛けたおかしな論説があったこと。

それが、
舌の根が乾かないうちに、「緊急事態宣言が遅かったのでは?」という論説に変わっています。

目線の低い、日和見主義の論説はやめて欲しいですね。

このいっときだけ、メディアや国民はひとつに意識を集中させても良いのではと感じます。

〈追加〉

また、最後のイタリア人の方の
「何故日本は、厳しい対策(ロックダウンを指す思われる)をしないのか」という質問に対する、尾見 さんの答弁が興味深かった。


他国との違いが3つの違いがある。

①早い段階からのクラスター対策。他国でやっている事例があるが、日本は早い段階からやっていた。

②日本国民の健康意識の違い。過去のインフルエンザ流行時、他国と比較して死亡率が一桁違う程低かった。

③医療体制。完全ではないが、他国と比較してより整っている。
会見見てましたが、
僕はいい会見だったと思う。

ウイルスに打ち勝つ。
そのために国民の協力がなくてはならない。
そういう思いがこもっていたと思う。

自分ができることやらなきゃいけないこと
改めて再確認できた。
僕は、原稿を見る事もなく、発せられた言葉は、とても良かったと思います。兎に角、発した言葉には言霊が伴います。これ迄の色んな不具合は、先ずは、国家安寧の為、当面問いません。有言実行への期待と更なる、人に届く十分な今後の施策を期待しています。

今後の総理の更生と覚醒に期待しています。

今この時、これまでの政権の愚行を問うのはアホな野党の質疑の国会運営と同じで愚行です。正に緊急事態です。先ずは、国の形を保つ事が重要だと思います。

今に先ずは、生きて、徹底的に、毎日改善の提案をしながら、終息したら、其の結果を政権へ責任を問いましょう。其れが民主主義です。
今、伝えられている方式だと、1世帯あたり30万といっても、もらえる人はかなり限定される上、手続きも面倒そうで、これは流石に愚作だろという声が大きいのですが。
安部首相のわかりやすい会見。
欧米が報道するように、強制力のない緊急事態宣言。

日本国民だからこそできる自粛要請。
政府や税金だけに頼るのでなく、まだまだ助け合いの精神で、
世界の模範となりましょう。
記者会見自体は、前より圧倒的に良かったと思います。
質疑応答に関しても、出来レースでなく答えていました。
今までの批判が生かされていたと思います。

有事の際にはリーダーシップが問われる。
きめ細やかなコミュニケーションと
自分の言葉で語ることによる力を感じるか。

さあ、この緊急事態宣言でどこまで国民が動くか。
そして、1ヶ月はかなり長いので、
工夫を持った政策当局からの発信が問われ続けますね。
桜井さんのコメントメチャメチャありがたいです。

長々とした文章だと読まない人が多いし時間がかかるので、これくらいシンプルな箇条書きでいいので、全国民に見て欲しい。

NewsPicksでシェアとかの拡散機能があれば良いのにと思いました。

本筋とはズレたコメントで失礼します。
これからの長い戦いに立ち向かえるよう、国民を鼓舞する言葉を期待。
地方へは行かないのも重要ですね、老人が多いのと医療設備に限りがあるので、この時期に行っても向こうにとって迷惑なだけ
#緊急事態宣言 の会見始まった。読み上げるのでなく、かなりカメラを見つめる事を意識しているようだ。良いと思う。