新着Pick
119Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
PaperPicksの中でも指摘しましたが、まだこの薬が有効とは全く言えない状況です。

臨床試験の実施、完了が先決です。それがなければ、今のところ他国に対して本当に良いことをしているのかも分かりません。

主たる目的が臨床試験ですから、適切な供与と思います。

該当のPaperPicks: https://newspicks.com/news/4766792/
Araiさんのご指名ですので、コメントさせていただきます。

山田先生のコメントされている通り、まだ効果のはっきりしていない薬剤です。
「国産の特効薬を他国に供与する」という類のことではありません。
臨床試験を目的とした供与と思われますので、それは妥当なことかと思います。

アビガン(ファビピラビル (Favipiravir))は日本で開発された抗インフルエンザウイルス薬(RNAポリメラーゼ阻害剤)で、SARS-CoV-2への抗ウイルス活性が期待されています。

中国、日本で臨床試験が行われています。

https://rctportal.niph.go.jp/s/
日本の臨床試験が検索できます。ファビピラビルと入れてみて下さい。富士フィルムが行うⅢ相試験の結果次第でしょうか?何を評価するのかはっきりしませんが。

https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S2095809920300631
3月中旬に深圳の施設から有用性を示唆する論文が発表されましたが、様々な問題から論文取り下げとなっています。(バイアスから十分な比較ができない)

https://www.medrxiv.org/content/10.1101/2020.03.17.20037432v2
peer-reviewもされていない論文ですので注意です。熱や咳の改善率は少し良いのかもしれませんが、酸素化や呼吸不全・重症化を改善するようなアウトカムではなさそうです。

やはり今後の研究結果待ちです。
これ、完全実用化するのに早急に臨床データが必要なのではないかと思います。
1月の記事↓のアビガンへの医療関係者のコメントを読むとそう感じますが、1月に下記の記事にコメントしていた高麗ドクター、コメントお待ちしています‼️

https://newspicks.com/news/4657680/?utm_source=newspicks&utm_campaign=np_urlshare&invoker=np_urlshare_uid349101&utm_medium=urlshare
たいへん良い事だと思います。

自然の脅威の前で人間が生き延びる為にコミュニティを作り、他のコミュニティとの交流を図る時の基本スタンスが「互酬と贈与」であった事を思い出させますね。

この基本スタンスがゲーム理論で言うところの「協調ゲーム」のスタイルであり、参加者全員のウィン・ウィンの道です。

ポスト コロナの世界でもこのスタイルが国際社会の主流として定着することを期待します。
死者がこれだけ増えるなかで、疾患を持つ方など喉から手が出るくらい頼りたい薬だと思います。早期に使用しなければよく無いとも聞いてますが、無償供与は良い事だと思います。
臨床試験ができて、人道上評価できて、’日本’のマーケティングとしても悪くない。三方よし、になるといいですね。
SARSやMERSの結果を考えるとアビガンを含めて有効な治療薬が開発されるかはかなり疑問。ワクチンも少なくとも短期的には難しいと思っている。
私の考えが覆されることを願っているが、メインシナリオは変えない。
日本だけでは臨床試験として投与しておきたい条件に合致する患者さんの確保に時間がかかるしその分析をするマンパワーも足りないはずで国際協力体制で取り組むという意義は大きいように思う。
インフルエンザは新型コロナと違ってワクチンがあるから安心だという人が多いがインフルエンザのワクチンを接種している人は 38.6% しかいない

2010/11年シーズンのインフルエンザワクチンの接種率

小児__ 59.2%
一般成人 28.6%
高齢者_ 58.5%
全体__ 38.6%

https://www.jstage.jst.go.jp/article/jph/61/7/61_13-093/_article/-char/ja