新着Pick
251Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
欧米でのDXは「ITを駆使して変革を起こし、売上や利益を伸ばす仕組みやビジネスモデルを新しく創ること」。これが目的であり、DXの定義だと彼らは理解していて、DXによって競争優位性を確保することを考えているのです。

日本は、長期的視点で見れば、DXを進めたほうが事業にとってメリットがあるにも関わらず、短期的なコストや時間的なデメリットに目がいきがちになってしまう。
→DXだけでなく、SDGsやそもそものマーケティングの概念も欧米の認識と違いそうですね。情報を外国から取ってるものの、解釈がしやす方に変換して、ズレてきてるように感じます。
ん~。。。
一体どこに発注してるんだろう。。。
メーカーかコンサルに専門家が集まる時代に。。。
「また、日本企業を顧客にしているコンサルタントはIT専門家ではない」
DXというと、なんらかのデジタルツールの導入に終始している気がする。

しかし、デジタルツール導入の目的は、VUCAの時代に顧客のニーズ・ウォンツは多様化・細分化して、変化のスピードが早いなか、それに対応するための基礎データだと思う。

今までは、人力でしていたニーズ・ウォンツの把握を、スマホや社会実装されているセンサー等により、膨大なデータを自動的に取得して、AIで分析することにより、顧客一人一人に素早く対応することが可能。

しかし、日本の場合、データが取得できたとしても、そのデータを元に素早く顧客になんらかのフィードバックができる組織のアジリティがないように思う。

現場への権限委譲など、組織の自律性の向上がDX成功の要件だと思う。
最近「UXなきDXを淘汰する会」を発足させようかと思うくらい、そういう議論をしていますし、そういう論調が増えてきています。

平田さんとReproはまさにその共感者だなあと思いますし、実際に話しても頷けることしかない。

「顧客提供価値の捉え直しとUXの刷新」こそがDXの本質、と捉えている、私の思うアフターデジタル対応をやっている方々が増えてきたので、勝手に会を発足して、勝手に会員に任命するキャンペーンでもやろうかな笑
DXが進まないと言われている昨今。問題意識を理解できました。とはいえリモートワークの割合が10%もないというLINEの調査を見て愕然....ここにあるような本来のDX以前の課題を感じました。
これは心に突き刺さる。
記事本文にもありましたが ”多くの日本企業ではDX自体が目的化” というのは正しくビジネス現場の実情を言い得たものと思います。
単純に”どうやれば喜んでもらえるか?”という点にフォーカスを当てるのが最も重要な要件で、デジタル化は技術要件に過ぎないわけですよね。
過去にマイルの社長もモノ売る店舗は絶滅するっていうことを仰ってましたが、販売員ー購買者という関係性を取っ払った時に、何の価値が最重視されるのかが大きなポイントだと思いました。