新着Pick

新型コロナウイルス感染症に関する当院の状況について

www.hosp.keio.ac.jp
慶應義塾大学病院の公式Webサイトです。我々は福澤諭吉の精神にもとづき、患者さんに優しく信頼され、先進的医療の開発、人間性と深い医療人の育成を実行してまいります。このページでは弊社の「新型コロナウイルス感染症に関する当院の状況について」について掲載しております。
11Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
慶應病院で、コロナ治療目的でない患者のうち、実に6%が陽性だったとのこと。市井の状況の反映。

多少の数値の上下はあろうが、毎回発表される「感染者数」は「感染確認者数」に過ぎず、実際はその何倍も存在することは、間違いなさそうだ。
そう思っていたけどね。

とりあえず思うこと。
①もはや「誰もがかかっている」前提で人と人の距離を取るべし。
②そうなると、いよいよ日本人の死亡率の低さは、いよいよ謎めくな。
慶應大学病院の「サイレントキャリア」調査のデータは、かなり貴重なデータだと思う。

(他の病気の)治療を目的に訪れた人、慶應大学病院に行こうと思った人という意味で
東京都住民のランダムサンプリングとはいえないが、
それでも、67人という人数はそれなりに信頼性があると思う。
その結果、サイレントキャリアが6%いたということ。

「4月13日から4月19日の期間に行われた術前および入院前PCR検査において、新型コロナウイルス感染症以外の治療を目的とした無症状の患者さんのうち5.97%の陽性者(4人/67人中)が確認されました。」