新着Pick
840Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
程度・・・という言い方にならざるを得ませんね。とはいえ、金融市場はこの動きを今のところ好感しています。もはやハードデータの壊滅は所与の前提として諦観と共に「見られていない」という印象です。こうした「悲観の極み」において薄日が差し込むタイミングを如何に捉えるかが市場参加者にとって重要な視点となります。例えば銅価格は反転しています。これは中国の経済活動が復調していることの現われなのかどうか・・・

まだ判然としませんが、気になるところです。とはいえ、取りも直さず欧米の感染者数や犠牲者数が経済指標の代替のように機能する局面が今後1か月(以上)は続きそうです。
対象地域と時期がかなり具体的に出てきました。兵庫、福岡も入りましたね。
1ヶ月は長いですね。でも、徹底的な感染防止を考えると間違ってないと思います。

最低でも1ヶ月は、学校や塾など休校や自粛を求められる教育機関が多く出ますので、私たちも様々なサポートを続けたいと思います。
「要請」というのが、自営の飲食業などにとっては悩ましいところです。

「休業」と「補償」をセットにしないと、経営者はたちどころに資金ショートを起こしてしまいます。

あくまで「要請」ですから、店を開けていてもネット上で誹謗するようなマネは決してしてはなりません。

SNSで誹謗中傷という「私刑」が横行しないか、心配しています。
正義の名を借りた最低人間にだけは、決してならないようにしましょう。
ざっくりGDPへの影響を試算すると🔺4.6兆円、失業者+23.9万人となりますので、できるだけ短期で落ち着くことを願います。
皆さんコメントされていますが、私も1か月が妥当というか、人間の緊張感を継続させる期間としては、1か月という区切りが必要だと思います。↓こちらにコメントしました

https://newspicks.com/news/4794582/?utm_source=newspicks&utm_medium=urlshare&utm_campaign=np_urlshare&invoker=np_urlshare_uid349101

結局、今、自制している人はかれこれ2週間自粛しています。今までの注意喚起でも自制しなかった、キャバクラや密室度が高い居酒屋に行き続ける人が、主にこれからの対象になります。
彼らに半年自粛しろ!と言ったら、精神的に逆ギレする人も出てきます。それでは意味ない訳です。

とにかく、不要不急な外出が必要ない人は自粛して、私達の生活を支えてくれる業種の方々の通勤などの環境を整えてあげたいと思います。

追記
サンタさんのコメント読んで、福井県が人口当たりの感染者数が東京より多いのを初めて知りました。
一瞬えっ🤯と思いましたが、福井県は共稼ぎ率、3世代同居がかなり多いはず。→昔は日本一。
北陸3県は、かなり個性がはっきりしています。華やかが好きな石川県、堅実な富山県、家族思いの福井県。
多分、県としての対応は、それぞれに任せた方が良い地域なんだろうなと思いました。
敢えて言うけど緊急事態であることを宣言ですよ!待ちに待つものでも安心を得られるものでもなく、まず不安が普通のはずが、もはや順序が逆になっている笑 もちろん本質理解はしていますけど、そもそもルールが敷かれないと理解・行動出来ないというのは生きる力が不足しているとも言える...平和すぎるのか、日本。もちろん緊急事態宣言が遅いというのもあるとは思いますが...
東京、神奈川、埼玉、千葉、大阪、兵庫、福岡を対象に1か月程度。これ以降は各自治体ごとに大きな権限を持って対処できるので各首長の腕の見せどころ。特に小池さんはここで大活躍するとポスト安倍レースに返り咲く大チャンスなのでやる気に満ち溢れていると思うw NYのクオモ知事も支持率ゲキ上がりだし。首長たちが切磋琢磨しながら頑張って貰えるのは心強くもある。これか地方分権が進むキッカケにもしていって欲しい!
早くやればやったで、地方に大量の人が逃げ出していたでしょう。今は危機感がかなり共有されて来たので、下手に脱出しようものならひんしゅくを買い晒されるリスクがあります。

また、日本の場合強制力がなくても要請である程度はまわせるので、その違いもあります。

危機感と危機のギリギリのバランスを考えると、悪くないタイミングだったのではないかと思います。

勝負はこれからですね。
実際に感染が拡大し、ロックダウンしている国・都市の様子の一例として、少しでも役に立つことができたらと思い、ロンドンの状況についてFBに公開のエッセイを投稿しました。

https://www.facebook.com/814377906/posts/10159735108552907/?d=n

日本も明日、緊急事態宣言が発表されることになりそうですが、日本の場合と法的拘束力や罰則のある欧米のロックダウンを比較したハフィントンポストの記事に取り上げていただけたようです。

https://newspicks.com/news/4795324?ref=pickstream_569880&status=reload

パニックにはならず、とにかく人との接触を避け、医療体制の崩壊を防ぐためにも、他者に移さないようにするためにも、一人ひとりが取るべき行動をとり、社会で協力をして乗り切ろうとしている。

そのようなメッセージがイギリスから伝わりましたら幸いです。皆様のご健康と安全を願っています。
事前予告で衝撃を抑える考えだと思います。
          
この7府県の根拠は知りたいところですが、当該地域は、社会全体が自粛体制に入ります。
      
いよいよという感じですが、パニックにならないことが大切。買い占めする必要もなく、冷静な対応を心がけることが大切。
      
そして、経済活動を止めない努力を続ける必要があります。